逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

平凡な高校生の俺がある朝起きると虫になっているなんて

朝起きると、俺はベッドの上で大きな芋虫になっていた。

それはまだいい。

「お兄ちゃん?」

問題は、起こしに来た妹がコモンツチバチになっていたことだ。

「お兄ちゃぁぁぁん!」
妹が飛翔!俺は危険を感じて逃げようとするも、短い付属肢では時速2km程度が限界!あっという間に組み付かれる!
「お兄ちゃぁぁぁん!」
妹が腹部の針を振り上げる!ヤバい!コモンツチバチは寄生蜂の一種なのだ!
「こら!」

もっとみる

ファミリア・ファイアリング・ファミリィ

ペネンタには姉が八人、妹が一人いる。各国の要人である姉たちと連絡を取っているが、今回は通信網にハッカーが紛れ込んだ。
「"###88-@」
 処分はすぐだろう。その日の夜、自室に戻ったペネンタの前に男がいた。彼は銃口を向けられても動じない。
「取引しよう。俺は悪を暴いた栄誉と賞が欲しい。お前さんは妹を助け、姉の不正を暴け。お前さんの姉たちは共謀して妹を殺そうとしている」
 ペネンタの眉が動いた。妹

もっとみる
ありがとうございます!
5