逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1
記事

酒場「フライされたラクーン亭」にて

「あんた、ここはエルフ領と判っているか?」

 エルフが二人、テーブルに寄ってきた。フードの留め具に弓を提げる隼の紋章。弓王フィナッセの者か。

 他の客は見て見ぬふりすしている。まあそうなるわな。わしは内心嘆いて、酒に手を伸ばした。

「ワインだと?お前が飲みたいのはビールだろ?俺の体内で精製したのを飲ませてやるよ」

 エルフはジョッキを奪うと、そのままズボンを下ろし、粗末なモノを晒した。

もっとみる
🌽🌮🌯🥤
10