逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

3
記事

ニンジャ・プログレッシブ

サイ・ラプチャの連中を金に換えるコツは二つ。揺れる眼球が見えるまで近づくこと、良い刀を使うこと。

「来いよ、忍者野郎」

薄暗い室内でそう言った男は、角ばった輪郭からして明らかに内骨格を強化していた。半端な狙撃では殺しきれず、対装甲兵器を調達して割に合う大物でもない。私は両手の小刀を握り直した。どちらにしろ死体を確かめるまでが仕事だ。

距離を詰める。男の拳を躱す。右脇下に刃を入れ、切り裂きなが

もっとみる
…🐘🐘… …🐘 ……🐘…
11

シャドウ・オブ・フェアウェイ

屈強なノマド忍者が9番アイアンを振りぬくと、その足元で血と脳漿の華が開いた。
血飛沫の中からゴルフボールが飛び出し、1300ヤード先のグリーンめがけ美しい放物線を描く。
上長忍者は己めがけ飛来した眼球をキャッチし握り潰すと、小さく舌打ちした。

「無能どもめ」

コース上には爆死した火遁忍者、溺死した水遁忍者、股間をボールで撃ち抜かれたグライダー忍者などの死骸が散乱している。これで彼の部下は全滅だ

もっとみる

パルプ・マスト・ダイ(邦題:ラノベ・バトルロイヤル)

「汝らに啓示を与えん…ヒヒヒヒ…成る程、お前達のイメージする神秘的とはこういう感じか」

物語を書く者なら誰もが知る噂話。
曰く天使や悪魔…人によっては外なる神が現れ、約束されし成功を与える、というアレだ。

部屋の暗がりから突如現れた軽薄そうな雰囲気を持つ長髪の男は間違いなくその類い、神や悪魔だろう。

「聞いた事有るよな?お前たちを誘いに来たんだぜ、その戦いに」

だが俺はその悪魔野郎よりも奴

もっとみる
【シルバートロフィーを獲得しました】
27