逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1836
ノート

【CORONAは誰の手に】第1回逆噴射小説大賞:一次選考&二次選考結果の発表です!

お待たせしました! CORONAとドリトスを手にするため、約1900もの作品が集まった第1回「逆噴射小説大賞」の一次選考、および二次選考が、ここに終了いたしました。改めて、たくさんのご参加(投稿+スキ+紹介)、本当にありがとうございました! 

逆噴射聡一郎先生によれば、今回のパルプ小説大賞設立の理由は「毎日がプラクティス・・・・そのための場・・・・イクォール・・・MEXICO・・・・」とのこと。

もっとみる
🍣🍣🍣キャバァーン!
129

noteで開催の逆噴射小説大賞、最終応募数は1900作品を超えました! エントリー確認期間は11月1日〜8日まで!

CORONAビール1カートンと栄誉をめざし、小説の冒頭400文字でしのぎをけずる「逆噴射小説大賞」。ダイハードテイルズがnote上で呼びかけて開催した自主イベントですが、なんと開催10月第2週から月末までの応募期間で1900作品以上もの応募が集まりました! ありがとうございます!

1900作品とは

これはものすごい数字ですよ。1つ400文字としてざっくり計算すると、76万文字。一般的な文庫本の

もっとみる
🍣🍣🍣キャバァーン!
63

痴情の星

兄がいるんだけどさ、どうも今ツバメやってるらしいのね。要するにヒモ。これが歳上好きで、しかも気が強くて潔癖症なのが大好物みたいでさ。で、ここからが重要なんだけれど、しばらくすると蒸発する癖があって。そんなだから本名名乗らないで、僕の名前使ってるらしいんだわ。だから、よくわからない人に僕のこと訊かれたら、知らないって答えてもらえる?
「うんまあ、手遅れみたいだけど」
「え」
 僕たちの横をゆっくり赤

もっとみる

悪虐非道の姫

「かつて魔族と人間が同じ街に共存する時代があったのよ」女戦士ヨシミは人工パーツに置換された下顎に触れる。「悪い冗談みたいだった」
「……」
向き合うイオタ——魔族に呪殺された勇者のクローン体——は固唾を呑んだ。

女戦士ヨシミが当時住んでいた団地の道路で、裸の若い女が四つん這いになり臀部を鞭打たれていた。
鞭を振るのは魔界の女王イグナール。ヨシミのお隣さんだ。
「良い子ね!あと50発耐えれば奴隷

もっとみる
ワーイ!喜びでめがね外れそうです!
4

ウィッチハントの民

うっそうと生い茂る針葉樹林を、私は木から木へと飛びわたる。
枝を蹴る音、特殊迷彩染色ローブに身を包んだ姿、吸って吐く息の流れ、それら全てを木々のさざめきの中に隠せ。ウィッチに気づかれることは即ち死だ。
……ああ、見つけたぞ。木の陰に座り込んでやがる。
気取ったような三角帽子、ド派手な赤いマントをはおり、そしてなによりあの忌むべき杖。見間違うはずもない。ウィッチだ。
腰のベルトにかけたボウガンを取る

もっとみる

創世巨人のゼナン

「おはよう、被検体49号。言葉はわかるよね」

突如現れた異界の科学者。彼のもたらしたクローン技術は世界を変えた。最強戦士のクローン、伝説的剣士のクローン、選ばれし勇者のクローン…その力は邪を圧倒し、人の世は平和になった。

…はずだった。

「僕の名はマガタ。人間に滅ぼされた魔王のクローンだ。

そして彼は偉大なる夜の一族、その始祖のクローン。あっちのは大陸を腐海に沈めた魔導士のクローンで、僕ら

もっとみる
感謝します!
5

灰、燃滓のラストダンス

こちらに放たれる光。スポットライトみたいだ。小さな頃はバレエを習ってた。眩しくて客席は見えなかったけど、母さんが見てるって分かってた。

「ドローン、機械兵が8に戦車が1」

通信終了。相変わらず簡潔。何を企んでいるのやら。すぐ目視で確認。不吉な操り人形がモノアイを、巨大な戦車が砲塔をこちらに向ける。戦闘態勢。

嫌になっちゃう、と独りごちてマギ謹製の義足を触る。思い出から戻ってきたら、生きた観客

もっとみる
ありがとうございます。次も読んでいただけるよう励みます。
12

二人朗読劇『Helix』

阿:海を背中に学校を出れば、
吽:竜神さまはすぐそこに。
阿:山で囲った谷間にぽつり、
吽:竜の鏡はそこにある。
阿:ここは君が生まれた街、
吽:ここは僕が生まれた街、
阿:ここは、海と山しかない街。
吽:この君と僕が住む街で、
阿:二つの針が時を刻み始める。
吽:それは二つの心、心の臓。
阿:右手の法則と左手の法則、
吽:右周りの物理世界、
阿:左周りの心理世界。
吽:決して触れえぬ二つの時が、

もっとみる

パルプ・ハザード!!

俺が投稿ボタンをクリックした瞬間、背後で轟音! 驚いて振り返った俺はさらに驚いた!
「ゲホゲホ…… 畜生、なんだここは?」
 部屋に詰め込んだ趣味の本やフィギュアが大地震の直後めいて散乱している。埃が舞う中、ヨロヨロと起き上がって不審げに辺りを見回す女。
 誰だ? なんて思わなかった。俺は彼女を知っていた。その姿を肉眼で見るのは初めてだが、俺の頭の中には彼女の全ての情報が入っていた。だって彼女は。

もっとみる
ありがとうございます!
13

コロナビールは400字の祭の夢を見るか

まもなく、気泡が完全に抜ける。
コロナビールに浮かぶ泡は、全て世界だ。
お祭りのようにしゅわしゅわと、生まれた400字の泡。
始まりだけを刻まれた、まだ生まれる前の世界。
普段は物語なんて書かない人も、物語を書くのが趣味の人も、物語を書くのが生業の人も熱量と空想が詰まったこのコロナビールは、もう少しで終わる。

「楽しかったなぁ。」

この無数に浮かんだ世界のうち、いくつがこのまま消えていくのだろ

もっとみる