逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

四人四色のメアリー・グリーン

「さよなら、オリジナル。今日からは僕が、本物のメアリーだ…!」

BLAM!

枯れ木のような老婆…メアリーの脳天を、銃弾が貫いた。彼女は血だまりに突っ伏し、動かなくなった。

「はぁー…!」

ぺたん。僕のお尻が、研究所の床についた音だった。

メアリー・グリーンが人生をやり直すための、若い肉体。それが僕だ。そのためだけに20年、義理の両親の元で育てられた。

事実を知った僕は、自由になるために

もっとみる
ほんわかしてきました。
12