逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

峻嶽の行者

黒い岩肌と白い冠雪が倉庫の壁のように連なる山道をキンメリア人コナンは一心不乱に歩き続けている。
 「隊長どのは北の雪国のご出身と聞いていますが、やはりこの程度の雪道は物の数にも入りませんか?」
 「いや、ここはおれの育った土地より雪が重い。進むのに難儀なのは、お前たちとさほど変わらん」
 荒涼たるキンメリアの広野に生まれ育ったコナンは、トゥランの騎兵隊員よりも遥かに雪野に慣れ親しんでいる。しかし、

もっとみる