逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

70
ノート

創世巨人のゼナン

「おはよう、被検体49号。言葉はわかるよね」

突如現れた異界の科学者。彼のもたらしたクローン技術は世界を変えた。最強戦士のクローン、伝説的剣士のクローン、選ばれし勇者のクローン…その力は邪を圧倒し、人の世は平和になった。

…はずだった。

「僕の名はマガタ。人間に滅ぼされた魔王のクローンだ。

そして彼は偉大なる夜の一族、その始祖のクローン。あっちのは大陸を腐海に沈めた魔導士のクローンで、僕ら

もっとみる
ありがとう!
5

パルプデーモン・チーフ

「やっぱりミュータントだよ……!」

 編集長はバッサリ。俺の顔に原稿が投げつけられる。

「悪魔とか妖怪は宗教色強すぎるとおもうわぁ。時代受けしない」

「でも」俺は食い下がる。ここで、曲げたら作家の俺はオワリ、ジ・エンドだ。家賃も払えず野垂れ死ぬ。

「敵がミュータントなら何でもできるし、どんな形にでもできるでしょ?わかってんの?触手ウジュウジュ〜!ね?」

「じゃ、じゃあ、ダックスフンドミュ

もっとみる
しっぽを振っている🐶
2

メキシカン・ラプソディ

10月31日の夜。僕は先刻投稿した『プログレッシヴ相撲』の記事共有ツイートを送信すると、大きく伸びをした。
『パルプ小説冒頭400字』。楽しい企画だったが、応募は今ので最後だ。今日はもう休もう……。

KRAAASH!

その時突如、アパートの扉が破砕!一体何が?僕は戸口の向こうを見遣る。

そこにいたのは力士だった。

僕はそいつの奇妙な出で立ちと、投稿作品一覧が表示されているPC画面を交互に見

もっとみる

俺たちに死者の日は来ない!

メキシコ麻薬カルテルのボス、リンゴはいつものように裏切り者をどう始末するかの会議で残虐な殺し方を提案したあと、麻薬を売って築いた邸宅の庭で葉巻を吸っているときに強い衝撃が頭を襲い、気を失った。

「起きろ、起きろ」
 リンゴは肩を揺さぶられ目を覚ますと車の中にいた。手には手錠。運転席を見ると見知らぬ白人男がいる。
「誰だ、きさま」
「わからないのか?」
 男は痩せこけた頬を引きつらせた。
「お前に

もっとみる

正義のヒーロー太郎が世界を救う(もしくは壊す)話。

世界に選択された男。太郎はヒーローになった。

正義の味方である太郎はまずは目の前の悪を是正しなければならない!

太郎の通う学校にはいじめがあった!

弱き者をいじめるものは悪だ!
だがいじめを行っている彼の家庭環境は最悪だった。つまり本当の悪は彼の家庭環境だったのだ!
だが彼の家庭環境が悪いことになった原因は彼の親の職場の理不尽な要求にあった。つまり悪は会社にあったのだ!
だがその会社が理不尽

もっとみる
え…間違ってクリックしてない…?いいの…?
3

キョウイク・ウォーズ

廃校舎を走る、走る、とにかく走る。跳弾が掠めようと仲間が倒れようと前を向いて走るのだ。

「逃がさんぞタカスギ!」

パラララ、と軽い音が響き、蛍光灯ー……もう崩れかけのそれーがすぐ横に落下した。シット!アイツらカラシニコフまで持ち出しやがった。

仲間とのランデブー地点はすぐそこだった。このままでは巻き添えにしてしまう。
意を決して足を止め、両手を挙げた。すぐ後ろでPTAの神童共が立ち止まり、銃

もっとみる

【デビルハンター】ジュディ婆さんの事件簿 #1(第1話:1/4)

死人に口なし? あるよバカタレ。
-ジュディ-

「ああジュディ。深夜にすまない」
バリケードテープをくぐる老婆にゴードン特別捜査官が声をかける。

「ったく。こんな山奥の道端でババアが死ぬかい?」
不満を垂れながらジュディは咥え煙草を始末し、ざっと死体を観察した。
「手首の擦過傷と足の具合からして監禁された後に徒歩で山中を逃走… 道に飛び出し轢死。監禁場所は半径2マイル圏内か。退屈な事件」

もっとみる
( '3') ダッダーン!ボヨヨンボヨヨン!
44

エッテクルッバの森

「王様は死んだ! 王様万歳!」

血塗れの棍棒を持つ若い男に、蓬髪の老人はそう呼びかけた。
今からこの男が王だ。王を殺したのだから。男は震える声で問う。
「お前も、俺を殺すのか?」
「んにゃ。わしゃ殺されとうないでな。見届けるだけだ」

某県の深い山中。日本中から犯罪者、無宿者、多重債務者、自殺志願者、狂人、徘徊老人、不法難民、その他諸々が集った廃村。そこには人知れず、小さなコミュニティが形成され

もっとみる
あなたのカラテ段位が上昇しました。
4

ラスティ・ドールズ

……がりがり、ざりざり。がりがり、ざりざり。
自動人形AM-967A”クロナ”は、砂と錆だらけの関節を軋ませ、瓦礫と砂塵の原野を歩んでいた。
「もっとキリキリ歩けや、阿婆擦れめ」
衛星通信を介して野卑た音声が届く。
「ったく、俺なら半日もかかんねえ距離だぞ。直接降りられりゃあな」
なら自分でやればいいだろう。
クロナは怒りを覚えたが、それを表現する罵倒の言語アセットは持ち合わせていない。
だから、

もっとみる

異世界人材派遣ワープ(株)

キキーッ

とてつもない速さでトラックが駆けていく。

「おい!このままだと指定の時間に間に合わねーぞ!」
「わかってる!」

さらに加速していくトラック。

「いたぞ!あの少年だ!」

おれはアクセルを更に踏み込んだ。

GYURURURURURURURU BOKAAAAAAAN!!

おれは少年を轢き殺した。
まぁ厳密には殺したわけじゃねーんだけど。

<転送装置起動>
対象ノ分解及ビデータ化

もっとみる
あなたの幸せを祈ります!
3