逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

4
記事

Q兵衛 〜地下寿司闘技場デスマッチ〜

寿司。

全ホモ・サピエンスを虜にする旨味パワーを持つ唯一のEATSである。

そして、ここ地下寿司闘技場は寿司を極限まで極めし者、寿司SHOCK人達が蠢いている。その中に伝説級の強さを持ち、誰も破ることのできないSHOCK人がいた。

その男の名は百代目Q兵衛。

彼の握る寿司は、食べた者があまりの旨味パワーに耐えきれず99.9999%が旨死することから寿死と呼ばれている。

当然、並の人間は寿

もっとみる

全時代的連続横綱殺人事件

四股踏みによるテラフォーミング。外宇宙力士の撃退。核汚染の浄化。偉大なる横綱、鳳乃鷲は同時に邪悪な横綱としての側面を持っていた。

 八百長――力士の星操作は勝敗の結果だけではなく、自然災害、宇宙航行の安全、その他全てに関わりがあり、反抗的な力士は鳳乃鷲によってヤマへ送られた。

「発勁用意」

「発勁用意」

 表向き、鳳乃鷲は偉大なる力士だ。野試合を断ることなどない。そして全盛期は過ぎたとはい

もっとみる
汝に釜飯ご飯降り注がんことを
9

現人神、三千四百二十二代横綱は大トロ切り身概念の夢を見るか

横綱が寿司職人であることは周知の事実であり、当然のことながら、小結とはおむすびを完璧に作れなければ就けない役職だ。一般教養としての日本史を中学校で習っていれば、良い飯握ろう粟稗五穀という言葉にも慣れ親しんできたことだろうと思う。

 人類が滅亡して久しい今でも、横綱は寿司を握り続けているし、それを合掌捻りで宇宙へと送り出している。横綱とは神であり、準ずる立場の大関、関脇、小結、前頭――土俵上でぶつ

もっとみる
汝に釜飯ご飯降り注がんことを
12

寿司ガーディアン、宇宙へ行く

寿司が意志を持ち、寿司製造機を母胎としてその数を増やして人類の大半を駆逐するまでに、そう多くの時間はかからなかった。

 人類の大半が駆逐されたとはいえ、寿司と共に歩む人類は存在していた。かつて寿司職人と呼ばれた彼らは、現在は寿司たちの守護聖人、寿司ガーディアンとして寿司の傍らにいた。土星の環で回転寿司を作りたいという種族の願いは多くの寿司ガーディアンの心を打ったが、宇宙技術は喪われた技術だ。だが

もっとみる
汝に釜飯ご飯降り注がんことを
11