逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

アブダクション・アブダクション

腕の筋肉から血液が出ていく。代替血液が入り込む。混濁していた意識がハッキリし、眼前の異星人が見えた。
 奴らがPMCの装甲車を横転させたとき、アリョーシャは抵抗した。すると腹が爆発し、気づいたら施設にいた。ゲリラの黒幕は異星人という噂があったが本当らしい。
 異星人は白衣をまとっている。体つきからして女。後ろに固まっているのは耳が長い男たち。女は上級職だ。体に感覚が戻る。
 アリョーシャが右腕のプ

もっとみる
そのスキがわたしを救う
4