逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

31日の向こう側

「今日は8月32日よ」彼女はそう言った。
「そんな、だって…… 今日は9月1日のはずで」
「違うわ、キョウヤくん。今日は『32日』なの。」
念を押すように彼女は言った。

昨日の8月31日で夏休みが終わり、今日、9月1日に新学期が始まる。が、賑わうはずの学校には人気がなく、校門すら閉じられていた。
何も出来ず、家に帰る途中の公園で、彼女と出会ったのであった。

何かおかしいと、思い当たる節はいくつ

もっとみる

サマー/タイム/クライシス ~冬の少年~

 サマータイム導入に失敗し、日本は永遠の夏に閉じ込められた。時間がループしているのか、それとも夏以外の時間を消してしまったのかは未だに議論されているが、ともあれ今日も私達は寝苦しさと戦っている。

「あっついね~」
 みっちゃんが制服のスカートをパタパタとさせながらぼやいた。口にアイスを咥えながら器用なものだ。
「生まれた時から夏なんだからいい加減体が勝手に慣れてくれればいいのにね」
 隣の私も真

もっとみる
パワリオワー!
19