逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

『八雲異界風土記』より「加賀の潜戸(かかのくけど)」

「お待ちしておりました。ハーン殿」

明治二十四年九月。ラフカディオ・ハーンは松平不昧に出会った。



島根半島。日本海に面した複雑な海岸に、海蝕洞「加賀の潜戸」はある。出雲国風土記には、ある神の誕生した地と記される。ハーンと妻セツは舟を借り、車夫と船頭の老夫婦と共に、まずここを訪れた。「髪の毛三本動かすほどの風が吹けば舟は出せぬ」と言われる難所だ。幸いに無事着き、神々しい景観を堪能して通り過

もっとみる
福助があなたを守護し、防御力が上昇します。
7

観音ロックウォーズ

全裸の弁財天が空中でフェンダージャガーを掻き鳴らす!

「神に逆らうとは良い度胸じゃ」

凄まじいロック!波が逆巻き龍となって襲来!
「暴!」
男は鉄のストラトを振り下ろし、龍の頭を砕く!爆発往生!
「神珍鉄、鎮海の宝、脳袋で味わえ!」
男がストラトを弁財天へ投擲!風を切り、梵音海潮音が鳴り響く!
「猿猴(さる)め! 音でわらわに勝てるか!」
弁財天は八臂を顕し、四本のフェンダージャガーを同時演奏

もっとみる
大吉です。すべてがうまくいくでしょう。
11

ブラッドストーム・イン・ジ・アビス

脱出艇連続特攻作戦は巨大海蛇を退散せしめ、第156太平洋深海開拓市は圧壊の危機を免れた。しかしそれは時間稼ぎにしかならない。魚人共に場所がバレた。奴らはいずれここに辿り着き全てを殺戮するだろう。オガサワラ大陸棚市まで脱出艇で片道3日。カミカゼのせいで艇の数が足りない。俺のような末端の開拓民は置き去りにされる。その救助艇、今誰が整備してると思ってるんだ。俺だ!

「何が海底は最後のフロンティアだ!

もっとみる
イェーイ!
35

オーシャン海サーガ

「ギョア!ギョアギョア!ギーッ!」「ギグワ!ギグ!」「ギャギー!」
ハンマーヘッドシャークに跨るシーゴブリンの群れが、幽霊船『デビルディープ』の右舷に回り込む!ギラつく熱帯の太陽の下、オーシャン海の帰趨を決める死闘!第一ラウンドだ!死神も跨ぐ皺くちゃ婆、女船長ジゼバーは、目を血走らせ、精神感応力で船と船員ゾンビを操る!
「我利我利亡者のダボハゼめらが!喰らいやがれーーーッ!!」
ドウ!ドウドウ!舷

もっとみる
あなたのカラテ段位が上昇しました。
6