逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1
記事

目指せ僕らのニルヴァーナ 第1話「樹上の村 Part1」

聳え立つ樹々、響き渡る鳥や動物の声 、肺を満たす生暖かい空気。
 僕らは今、ジャングルにいる。
「すっごい森だな…」
「ねぇヴァン。ホントに村なんてあるの、これ?」
 旅の相棒・白い狼ニルが心配そうな声をあげた。前の街で"樹の上に暮らす民族"の話を聞いて貨物船に揺られてきたのだけど、まぁ不安になる気持ちもわかる。
「船長さんも言ってたでしょ。そこの──」
「おいおい、密航か!?」
 僕の説明は船長

もっとみる
🍑🍑🍑🍑
6