逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1
記事

人狩りのハッファン

キリキリキリン!甲高い金属音が森に響き渡る。

「去れ!化物よ!」男がトライアングルを叩きながら怪物に叫ぶ。「お前の汚い巣窟に戻れ!」

「グオオ……」巨大な穿山甲のような怪物が首を数回振ると、逃げるように森の中へ走って行った。

「無事か、ご婦人?」

 ボロ布ともいえる汚いフード付のローブを着た男が手を差し伸べた。命の恩人の手を取り、辛うじて立ち上がった。

「ありがとう…助かったわ」

「い

もっとみる
🌽🌮🌯🥤
6