逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

「バーニング・サツマ&イモータル・エルブス」

《もっとも背徳的な焼き芋を焼いたものに全財産を与える》 

大富豪犬養犬士郎の遺言状は親族を狂奔させた。 地上を七回買い占めてあまりある遺産を巡り一族は二つに割れた。最大勢力は娘婿犬養猫太郎を長とする本家派。もう一方は愛妾の倅ながら唯一の直系男子である与太郎派。

背徳焼芋会は遺言通りに七日後に行われる。それまでに各派閥は背徳条件を整えることになった。

先手、犬養猫太郎(本家派)は親族経営会

もっとみる
ゴッド、ブレス、ユー
30