逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

ROBBERS QUEST

「オラァ!金よこしなァ!」

俺がマグナムを2発天井にぶっ放すと行員は悲鳴をあげて袋に詰める手を早めた。借金のために渋々やったが案外簡単じゃねぇか。

「オラァ!警察呼ぶんじゃねぇぞ!」

今度は4発ぶっ放して勝手口から逃げた。あまりの好調さに目出し帽から出る俺の目が緩む。だが幸運も長くは続かない。

「オイ待て!君!」

振り向くと制服の男が全速力で追いかけてきた。ここで捕ま

もっとみる