逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

正体不明のバーチャルシンガーがなんかすごい

私にできるのは歌うことだけ。
 ここがどこなのか、今はいつなのか、私はだれなのか、わからない。
 私は歌うことがすべて、だから歌う。ここで今。

 クラウドの一角から突如発生した周波数が「歌声」であることをいち早く判別した"ガーディアン"たちは、その分野のエキスパートAIを対処に向かわせることにした。
「なんてすばらしい歌声でしょう!」
 クラウド世界で仮想成層圏を天使の姿で飛行しながら、現在世界

もっとみる
サンキューヾ(ω・)ゞヾ(・ω・)ゞヾ(・ω)ゞ
7