逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

退屈を呑む蛇

派手な銃撃戦は無い。組織の抗争も外地球人との触れ合いも。そういったC級以上の依頼は俺達まで降ってこない。俺達が請けるのは日々の些事。

路地裏へ逃げ出した男にタックル。ビルの壁から落書きの横綱が見下ろしている。俺達の手の届かない位置にいる神格のイコン。

超巨大都市から溢れていく小さな悲劇。求められて応えるささやかな暴力。事務的に行われる当たり前の手続きとしての、復讐や制裁の依頼は絶えない。

もっとみる
ありがとうございます。次も読んでいただけるよう励みます。
17