逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

アンディ・オッドの愉快な大冒険!

ケープタウンの夜は早い。
夕方、早くも悪党が動き出す。

「よぉ姉ちゃん、その鞄に入った機密書類を寄越しな」
「嫌よ」
「じゃあ奪うぜ!」「ぎゃッ」突然の殴打!
「ど…どうして私が書類を持っていると…」
「てめぇの部長は俺のダチさ。これは競合会社に高く売れる」悪辣!
公然と行われた理不尽に、誰も反応しない。

無残!WWⅢ後のアフリカは悪が蔓延る荒野と化していた。
力こそ正義、そんな現実が人々を脅

もっとみる