逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

宇宙猫エルバッキーの主人公創造記

エルバッキーは困惑した。
例の地球人を監視し続け2週間。
一向に「物語」が始まる気配がない。

彼の故郷アンドロメダ星には高度な文明がある。
食うに困るは決して無いが、それでも彼らを殺すものがある。

退屈。

しかし致死の病にも特効薬はある。
スリル。サスペンス。物語。
彼らは血と死が好きだ。悪趣味で理不尽で不謹慎で、しかも大食いで舌も肥え興味も移りゆく。

宇宙中の物語を母星に供給する仕事。

もっとみる