逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1
記事

Jack the stalker

ジャックが牝牛とファックしていると、商人が現れてその光景をカメラに収めた。

「えっ」

ジャックはドギー・スタイルのまま硬直。表情が絶望に染まる。
これが公になれば、ジャックは牛飼いとしての社会的オナーを完全喪失するだろう

「その牛、確かハナコと言ったかね」

なお悪いことに、その商人は先日ジャックからハナコを買い付けた張本人であった。

ジャックは土下座して詫びた。

「何でもしますから許し

もっとみる