逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

ドラッグ・パンク/変若水(おちみず)

丸一日分、三錠の食事を毎朝水で流し込むたびに、食費と医療費が一緒になると喜んでいたいつかの母を思い出す。実際、オチミズの普及で家計に余裕ができたのか、幼い私には分からなかったが。

母は28歳で世を去った。当時の平均寿命よりずいぶん早いそれは、オチミズの初期ロットに含まれていた発癌性物質が原因だった。大きな社会問題になったと記憶しているが、現代にその後遺症はない。社会学上、人間の適正寿命がほぼ40

もっとみる
🐘.…🐘🐘..…..🐘…
6