逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

コーチ・フレイムヘッド(邦題:空に向かって撃ち放て!)

 カブーム!榴弾が着弾し、土煙が舞い上がる。

『当ったーっ!時速40kmで移動する目標を、千里苑が見事に一発命中! さすが名門だけあり』

 私はテレビを消し、疼く肩を抑えた。

 無人機とミサイル技術の進歩により、曲射砲は戦場における戦術価値を失い、競技に姿を変え、今やゴルフと並ぶメジャーなスポーツだ。馬鹿けてる。安全な場所で悠長に狙っていれば誰だって当てる。机に飾った砲兵仲間との写真を暫く眺

もっとみる