逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

S県創生局スグヤル係日報

BRATATAT!!!

 銃弾が飛び交う中での、係長との面談は憂鬱だ。今月は成果、というものは上がっていないし。だが、S県職員は月一回は面談をしなければならない。係長も月末まで忘れていた。

「まー!正直に話してみなよヤマシタ君?どうですか今年を振り返って?」

「ハイ」

 ニタニタと意地が悪そうな顔している。俺は応戦で精一杯だ!

「睡眠が足りねェんじゃねえの?最近寝てる?」

「ハイ」

もっとみる
しっぽを振っている🐶
2