逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

僕を、燃やす、小枝。

危険物取扱者資格・乙全種と丙種を取得した。

最年少記録だったらしく地方紙の取材が来た。
「近々丙種も取りたい」と当たり障りの無い答え。
「何の為に?」という問いに
「将来の選択肢を増やしたいから」と嘘を吐く。

僕は彼女との将来の為に資格を取ったのだ。

◆◆◆

彼女、亜久仁は障害者だ。

僕はその事を知った時、彼女を支えたい、彼女と共に生きたいと思った。

彼女の両親にも言ったが、当然子供の

もっとみる
【ブロンズトロフィーを獲得しました】
15