逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

町田市民は魔都東京に挑む

 東京は滅んだ。
 山手線を外周として、鉄道、地下鉄、高速道路を結んで組まれた巨大な魔法陣。通勤時間を走る満員電車の中身を血袋として生贄に捧げ、開かれたるは異界への門。そこから湧き出した軍勢の侵攻を受け、東京都は半日のうちに魔都と化した。ここ、町田市を除いては。

「いらっしゃい」

 久方ぶりの客がやってきた。今の町田市は自衛隊や国連軍、記者の類で賑わっているが、連中がわざわざ寂れた土産物屋にや

もっとみる