逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

2
記事

ハロウ・イン・アキバ

ぎい。サルーンのドアを開けると、客の何人かが俺を睨んだ。凶悪な面構えがずらり。
「らっしゃい」
メイド服の店主の嗄れ声。珈琲と砂糖の香りが充満する中、俺は悠然と歩を進め、カウンター席に座る。
「なんにするね」
「日替わりパスタと、キャラメルカプチーノで」

店主はごつく毛深い指で注文を書き取り、無言で了解する。
奥の方では、棒付きキャンディをしゃぶってカードゲームをしてる連中。ミント風味の清涼菓子

もっとみる
あなたの幸運値がアップしました。
4

ネクロポリス(邦題:死ゅ都アキハバラ)

「貴様は~~~!!だから2(後略)
  (前略)悪霊退散悪霊退散!!」

一見、首締め暴力行為に見えるコレは挨拶だ。

◆●◆1ゲトズサ━━━━⊂(゚∀゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!◆●◆

惑星改造など茶飯事。

地表で起こる争いに嫌気が差した者たちは星へと昇った。
気の合うクランで。
国家、宗教、政治、思想、文化等の対立から人々は解き放たれたのだ。

私が絶対政府に申請し、同志を募り移住、惑

もっとみる
【シルバートロフィーを獲得しました】
10