逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

観音ロックウォーズ

全裸の弁財天が空中でフェンダージャガーを掻き鳴らす!

「神に逆らうとは良い度胸じゃ」

凄まじいロック!波が逆巻き龍となって襲来!
「暴!」
男は鉄のストラトを振り下ろし、龍の頭を砕く!爆発往生!
「神珍鉄、鎮海の宝、脳袋で味わえ!」
男がストラトを弁財天へ投擲!風を切り、梵音海潮音が鳴り響く!
「猿猴(さる)め! 音でわらわに勝てるか!」
弁財天は八臂を顕し、四本のフェンダージャガーを同時演奏

もっとみる
大吉です。すべてがうまくいくでしょう。
11

『明暦のシンディローパー』「明暦大火異聞(一)」

「対象は室内。発見次第射殺許可有」

感情奉行与力犬養殲衛門が無感情に檄を飛ばしベレッタを構えた同心二名が障子を蹴破り突入した。

BLAMBLAM!!

次々と反幕分子が排除され暴力とLED間接照明に満ちた室内で前時社奉行長官夢山田羅山は面を挙げた。

「そろそろ来ると思っていたよ」

「長官、投降して下さい」

「君は、おかしいと思わないのか!こんな感情を失った世界!未来はこんなにも

もっとみる
ゴッド、ブレス、ユー
24

レゾナンス・エンジン

モーツァルトが沈黙して250年、共鳴機関は後継を探し続けている。

大気を満たすエーテルを媒介に、人と人とを接続し生体CPUとして扱う技術。音楽により発生する人々の情動を原動力とする演算装置。会場に集う人々の興奮が一つになり夢見るディープラーニング。
多元宇宙の構造解明には天才一人の知性では到底及ばない。コンサートホールを埋め尽くす聴衆、その脳神経の交響的発火が必要不可欠だ。

路上でのスカウト、

もっとみる
ありがとうございます。次も読んでいただけるよう励みます。
14

糞ったれDJ!ぶっ殺し太郎さん

フロアは血塗れで、匂いも凄い。
 「つまんねえつまんねえ。次、早く次の曲。」
 男は、血に濡れた日本刀をDJに突きつけて言い放つ。
 股間を濡らしたDJが、ガタガタと震えながら、レコードバックを漁る。
 右のターンテーブルで回転するのは、4つ打ちハウスとジャズが合わさった北欧系の洒落た楽曲だ。
 左のターンテーブルで回転するのは、レコードではなく切断された人間の首だ。
 まだ若い、二十代半ばの青年

もっとみる