逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集

1858

メキシカン・ラプソディ

10月31日の夜。僕は先刻投稿した『プログレッシヴ相撲』の記事共有ツイートを送信すると、大きく伸びをした。
『パルプ小説冒頭400字』。楽しい企画だったが、応募は今ので最後だ。今日はもう休もう……。

KRAAASH!

その時突如、アパートの扉が破砕!一体何が?僕は戸口の向こうを見遣る。

そこにいたのは力士だった。

僕はそいつの奇妙な出で立ちと、投稿作品一覧が表示されているPC画面を交互に見

もっとみる

ハロウィンナイト・コー!ホー!

ハロウィンは祭では無い。商戦だ。セールス・コンピューターと呼ばれる俺の仕事はこの戦いを制することである。

「…という訳で暫く忙しい」

「ふざけんな!」

木杭が撃ち込まれるが、難なく躱す。

「分かってるのか!?私たちはモンスターなんだぞ!?」

「だから?」

「絶対ハロウィンの人気者になれるだろ!」

オオカミ女の妻 シーラはイベント好きだ。今回も随分はしゃいでるようだ。

「シーラ、この

もっとみる
心が軽くなります。
3

ブラック・ファラオ VS リトル・ブラック・サンボ

横倒しになった軽トラが水平に飛ぶ!

ナイスサンドイッチ!

暴徒が壁と軽トラに挟まれ圧搾死!

先程迄の渋谷ピープルの浮かれ具合が水を打った様に静まり返る。

視線の先には不夜城の灯りの下でも尚黒き闇…黒い無貌のスフィンクスの化粧廻しの黒人力士!

相撲通の絶叫が響く!

「“黒きファラオ”…!九龍坊(くろんぼ)だ!」

■■■

弥助は信長気に入りの力士である。

土俵を這う様な低姿勢からのか

もっとみる
【実績が解除されました】
17

妖怪シェアハウス

「ただいまー」扇情的ナース服の美女が帽子をソファに投げると、三角形の耳がぴょんと飛び出た。

「お帰り。収穫はどうだった?」

「大漁、Lineの友達が168人増えたわ」女はナース服を脱ぐと、体中に粗い体毛が生え、恐ろしいワーウルフの姿に戻った。

「これじゃ暫く食事に困らないね」キッチンで挽肉を混ぜている白人少年姿が言った。「やはり餌集めは女子が適任だ」

「アンタも稼ぎさないよ。擬態は大変だか

もっとみる

ハロウ・イン・アキバ

ぎい。サルーンのドアを開けると、客の何人かが俺を睨んだ。凶悪な面構えがずらり。
「らっしゃい」
メイド服の店主の嗄れ声。珈琲と砂糖の香りが充満する中、俺は悠然と歩を進め、カウンター席に座る。
「なんにするね」
「日替わりパスタと、キャラメルカプチーノで」

店主はごつく毛深い指で注文を書き取り、無言で了解する。
奥の方では、棒付きキャンディをしゃぶってカードゲームをしてる連中。ミント風味の清涼菓子

もっとみる
大吉です。すべてがうまくいくでしょう。
4

ハロウィンバイトは魔女とともに

バイト帰り、家の近くで魔女のコスプレをした女を見かけた。ハロウィンは月末だし今日は平日だぞ、一体どんなパリピだよと思ったが、よく見ると自分の先輩だった。

「先輩はハロウィンではしゃぐタイプとは対極だと思ってましたよ」

 何の気なしにそう言うと、「実は実家が魔女の家系でね」と帰ってくる。いつもこの調子なので、正直この人は苦手だ。

「ところで期間限定で割のいいバイトがあるんだけど、興味ない?」

もっとみる