ダイハードテイルズ出版局活動月報

このトークを見るにはマガジンを購入する必要があります。

🍣🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
40

パルプ小説の書き方(10):noteで売れ(逆噴射聡一郎)

<<「パルプ小説の書き方(9):なぜその話は面白いのか?」に戻る

よく来たな。おれは逆噴射聡一郎だ。おれは毎日すごい量のテキストを書いているが、だれにも読ませるつもりはない。このパルプ小説講座はすでに十回目に達しようとしている。十回というのはかなり長い。だがおれは真の男本来の姿勢として毎回その1回の講座で勝負をつけるつもりでいる。毎回おれは頭の中でコナンが鋼の剣を朝焼けのなかで素振りせしイメージ

もっとみる
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
163