逆噴射小説大賞2019:1次&2次審査突破作品

167

死の翼ふれるべし

立ち並ぶ煙突が薄暗い煙を吐いていた。  煙は一団となって宙を流れる。その一部は空に薄く広…