逆噴射小説大賞2019:1次&2次審査突破作品

167

カミカゼの消えた日

 文永11年、筑前国早良郡。  沖からの冷たい風が秋の深まりを告げている。  菊花の香り深い…