逆噴射小説大賞2019:1次&2次審査突破作品

167

アルフォンス・ミュシャ:死季

これがミュシャか――暗殺者はそう思った。ひび割れたような肌の深い皺に、柳の枝を思わせる長…