逆噴射小説大賞2019:1次&2次審査突破作品

167

隠さない秘密

私は、上司の秘密に初めから気づいていた訳ではなかった。ただ、自分とは違うなにかを感じてい…