逆噴射小説大賞2019:1次&2次審査突破作品

167

第五背板市

蟻の頭をラッパで撃ち抜いた瞬間、市内に三度目のサイレンが鳴り響いた。一度目は開始を、二度…