逆噴射小説大賞2019:1次&2次審査突破作品

167

「よろず屋サカズキ」営業中

──この酒、味がしない。  それに気付いたのは、皿に零した酒を啜った時だった。  半年に…