逆噴射小説大賞2019:1次&2次審査突破作品

167

死体と操縦

同僚が解体されていた。  流れていく部品を認識した瞬間、全身を過電流が走った。それでも《…