逆噴射小説大賞2019:1次&2次審査突破作品

167

余命6時間

時計の針が夕方6時を指した。 お疲れ様の声が職場にこだまする。 今日は金曜日。 早く帰って…