見出し画像

【日報】スマブラに鉄拳のカズヤが参戦する意味をおまえは理解する(逆噴射聡一郎)


よくきたな。おれは逆噴射聡一郎だ。おれは毎日すごい量のテキストを書いているが、だれにも読ませるつもりはない。しかし先日のニンテンドーダイレクトの発表において「スマッショブラザーズに鉄拳のカズヤが参戦する」というニュースを知ったおれは、この記事を書かずにはいられなかった。

逆噴射聡一郎先生プロフィール:社会派コラムニスト。昔からダイハードテイルズ・マガジンに時々寄稿してくださいます。

おまえはスマッシュブラザーズを知っているだろうか? それは色々なキャラクターが出て殴り合い、吸い込んで食ったり、吐き出して崖から転落させてころすゲームだ。そこには話し合いとかヌルいものはいっさい存在せず、ノンストップの暴力だけがあり、世界中の老若男女を完全に興奮させ続け、すごい人気と面白さが築き上げられている。そしてストリートのキッズたちが夢を託すタイトルでもある。NINTENDOはそこに、鉄拳のカズヤを投げ込むというのだ。

サルーンでNINTENDO配信を見ていたキッズが「KAZUYA・・?」「カズヤ誰よ・・?」などとざわつく中、おれだけは冷静に真の狼 -WOLF- の野生の感を集中的にとぎすまし、その本質を理解していった・・・・・・・。

まずスマブラは本質的に、敵を崖から転落させてころすゲームである。そうして過酷なMEXICOで成り上がってきたのだ。そしていよいよその暴力的な生い立ちを認めざるを得ない刻が来たのだといえるだろう。そしてそのうえで・・・・おそらくスマ・ブラはキッズに社会の真の厳しさを伝える責任を果たす段階に来ているのだと思う。

もし、世界のキッズがGAMEで勝つことに本気にならず、ぼんやりとインスタとかザッピングしてYou Tubeとか動画見るだけの腰抜けになれば、ストリートは暴力によって飼い慣らされ、いずれカズヤのようなとんでもないやつが権力を握り・・・・第三次世界大戦を起こしてしまう・・・・・WAR・・・・・・炎が世界をのみこみゲームどころではなくなる・・・・そうならないよう、つねにビリビリした緊張感を持ってGAMEに本気を出し、一日一日を真剣にE-SPORTSに取り組んでゆけ・・・・スマブラで真の男になれ・・・・・・そういう示唆を、カズヤ参戦にこめているのだと気づいたのだ。

だから、真の男であるおれは完全に落ち着きはらい、サイバイバルナイフで切ったハムとオりーブを食べながら「ついにカズヤもスマッショブラザー図に出るようになったか・・・」と静かにうなずいていた。おれは危けんなMEXICOに住んでいた頃から貧しいなりに鉄拳をかなりやっていたとゆう生い立ちがあるし、若き日は倒した相手の死体を蹴って台をパンチされたり、立ち上がって上から覗き込まれるなど日常茶飯事に危ない橋も渡ってきた。そういった本物の緊張感の中で、危険と隣り合わせで生きてきたといえるだろう。だからKAZUYAがようやくNINTENDOというシャバに出てきたのを見て、おれは更生したマフィアを見るようなあたたかい視線を送ったのだ。

だが、フロアのKIDSの反応は、おれの予想に360°反するものだった。

「誰?」「KAZUYA?」「知らないんだけど」「なんだカズヤかよ」「マジがっかり」「ニーアーを出せよ」・・・・・カズヤ参戦に対してK.I.D.Sたちから浴びせられたのは、そんな心無い言葉ばかりだった。あるいはそもそもカズヤが何かすら知らない。おれは苦々しさを喉の奥にながしこむように、静かに、テキーラをのんだ。そして・・・・・・・哭いていた。


カズヤを知らないやつは全員あほ

最初にはっきりゆっておくが鉄拳はマイナーゲームでもなんでもない。今現在、対戦格闘ゲームの最前線タイトルの一つとして、世界中でめちゃくちゃプレイされており、鉄拳7は10年ぐらいずっと売れ続けて今でも売れ続けて700万本ぐらい売れている大人気タイトルだ。しかし、王様のブランチとかで毎週取り上げられたりしてないせいで、こうやって日の当たるシャバに出れば「誰よ?」とか言われてしまうのだとゆう事を痛感した。

だが、おれはカズヤも知らないあほのKIDSをいっぽうてきに腰抜けと決めつける気にもなれなかった。むしろ、いたたまれない気持ちになったし・・・まわりを見渡せば、おれと同様に鉄拳をプレイする真の男たちが皆・・・・・おれに似たような心境で、この断絶をしみじみと噛み締めているようでもあった。

キッズの困惑はもっともだ。同じ格闘ゲームでも、バーチャファイターはなんかオシャレだったし、ストリートファイターは対戦格闘ゲームの元祖でかなり早い時期からウメハラとかで有名だったりディズニー作品にも出演したが、その間m鉄拳はずっと場末のゲームセンターでプレイヤー同士が借金を踏み倒してゲーム代を捻出し殴り合いをしたりオシボリを投げつけあったり留置場に入ったりし・・・・ゲーム筐体の周囲は油と煙と暴力の気配で満たされていた。住む世界の背景が違う・・・そうゆうイメージがあった。

その後、鉄拳はオンライン化とかE-SPORTの波などの要素によって、徐々にクリーンになっていった。しかしそれでも・・・・依然として、殺伐とした世界観に片足つっこんでいた。ちょっとやればすぐに相手から挑発メールがいきなり送りつけられてくる無法のMEXICOであり・・・・・カズヤはそんな恐ろしさの象徴のようなキャラクターなのだ。

もしやすると、日本の人々の間でひろく鉄拳が認知されたのは、2019年のパキスタン・ショック事件のときであったかもしれない。これは突然パキスタンからやってきたアルスラーン・アッシュとゆう若者が、世界のトッププレイヤーたちをボコボコに倒したうえに「母国のコミュニティでは俺は一番弱い」みたいなことを言い残して去っていった事件だ。あまりにもエピソードとして素晴らしすぎるので鉄拳を知らない層にもすごい話題になったわけだ。

そんなわけで少なくとも日本の昼の世界での鉄拳の知名度はまだ少ない。だが・・・・いいか、よくきけ。スマブラプレイヤーにとってはカズヤは、パキスタンからやってきたアッシュみたいに異次元だ。だから、希望に溢れたティーン・エイジャーの目からすれば、なんだかわからない恐ろしい目つきのムキムキの男が自分達のスマ・ブラの世界に不敵な態度で現れてガノンドロフを崖から捨てた事に本能的な恐怖をおぼえ、小便をちびりそうになった・・・その気恥ずかしさと身体の震えをごまかすために「カズヤとか知らない」「ニーアーにしろ」とか震え声でブーイングしてしまったとしても・・・・・仕方のないことだ。

だが、そんな泣き言はもう言っていられない。なぜならスマブラに参戦するからだ。おまえは今すぐ、カズヤについての真の知識を得ねばならない。カズヤについて知るのがこわい腰抜けは今すぐママのところに帰り、ニンテンドー・スマ・ブラの自動アップデートを止めてもらえ。そして一生、世界の真の姿から目を背け続けていろ。だがおまえは真の男だから、この先を読み、そして知るはずだ・・・・・・。カズヤとはなんなのかを。


画像7

カズヤとは・・・?

KAZUYA・・・それは鉄拳のキャラクターであり・・・三島一八のことだ。カズヤは鉄拳の100人ぐらいいるキャラクターのなかでも特にストーリーの中心に位置する主人公的存在であり、いちばん悪人だ。

鉄拳とは、このカズヤが、実の親父の三島平八と血で血を洗う争いを繰り広げるストーリーである。


髪型がすごい

カズヤは髪の毛が黒く、白い空手道着を着ている。「空手道着を着ている日本人」というのはある種、格ゲーの主人公のテンプレートであり、こいつもその流れに完全に乗っていると言えるだろう。だからスマブラにストリートファイターのリュウと今回のカズヤが並ぶと、やけに被って見えるのでおれはちょっと落ち着かない気持ちがした。だが、よく見ると実はいろいろ典型から逸脱しているのがカズヤである。

画像4

カズヤの特徴は、髪の毛とマユ毛だ。特に髪型がすごい。後ろ髪が尖りながらそそり立っている。おれは初めて見たとき、何故かアトムを連想したものだ(余談だが、おれははじめて鉄拳1をやった当時、キャラどいつもこいつも顔や髪型が極端で、まっとうな人間が一人もいないことに驚いた。いまは色んな奴らがそろっているが、カズヤの髪型とマユ毛は変わらない)。

そしてこいつは血も涙もなさそうな悪人ヅラをしているわけだが・・・その見た目はこいつの内面を少しも裏切らない。血も涙もないのだ。こいつは共感性を一切持ち合わせないとんでもない冷酷な野郎であり、御曹司なので、ゲームのコンパネには「冷血御曹司」という他で聞いたことがないし二度と使われることもなさそうな二つ名をもっていた。そうゆうBAD ASSな精神が完全にスパイキーな髪型にもあらわれているのだといえるだろう。


親父を崖から捨てた

スマブラの参戦ムービーは、大昔の「鉄拳1」のカズヤのエンディング・ムービーをもとにしている。カズヤは幼い頃、父親である三島財閥のボスの三島平八に、鍛えるために崖から投げ捨てられた過去を持っている。まるでライオンのように。三島平八はイカれた親父だが、カズヤは生き延び、強くなり・・・そして親父に戦いをいどんだ。

その結果がこれだ。

これが鉄拳1のエンディングだ。当時のローポリゴンCGで描かれるのは、カズヤが倒した親父をやさしく抱き上げる姿だ。やはり戦いが終わればノーサイド・・・殴り合いの後の和解・・・・プレイヤーがそう考えたのもつかのま、カズヤはそのまま崖まで親父を運び、投げ捨てる。そしてローポリゴンの最高の笑顔になってENDした。その衝撃はすごいものだった。


YAKUZA

鉄拳はかなり殺伐としたストーリー世界観のゲームだ。むかしはPLAY-STATION-ONEのスッペクの問題で、写真をベタ貼りしたようなほのぼの青空の下の大草原とか南極とか校庭とかで殴りあったりしていたが、じつは暴力に支配された灰色のMEXICOなのだ。当然出て来るやつらもロクなやつがおらず、そのなかでも特にこのカズヤは一番の悪人で、血も涙もない男だ。KAZUYAの文字を並べ替えるとYAKUZAになる。だからKAZUYAの見た目も最近はほとんどヤクザだ。

画像3

画像3


第三次世界大戦を起こした

カズヤは実の親父である三島平八を葬って暗黒メガコーポの三島財閥を乗っ取り、北海道でクーデターを起こし独立国を作るが、実は生きていた平八によって再び倒され、今度は火山の噴火口に捨てられ葬られる。だがやはり生きていたので20年後に復活し、別の暗黒メガコーポを乗っ取って、三島財閥にケンカを売り、それが第三次世界大戦みたいな事になった。第三次世界大戦なので、まじで何百万人も人々が死に、国とかもメチャクチャになった。

つまりカズヤは完全に悪いやつということが証明されている。鉄拳のストーリーというのは、いくつか例外のパターンもあるが、主人公がだいたい一番悪く、周囲に配置された他のキャラクターが正義の心を持っており、その暴虐を止めようと頑張る中で太古の邪悪な存在が復活しようとするのでそれを止めるという流れがおおむねの筋書きとなっている。

カズヤは鉄拳のシリーズ史25年間、つねに一番悪いやつのトップランナーとして、だいたい同じぐらい悪い実の父親を相手取り、世界の支配者になるべく自分勝手に争い続けてきた主人公なのだ。こいつは「野望の王国」とか「アウトレイジ」とかに出てくるタイプの男だとおまえは完璧に理解しただろう。


平八でも仁でもなくカズヤ

鉄拳といえばどちらかといえば三島平八が有名だ。三島平八も髪型が電撃ネットワークみたいに凄く、意地悪でムキムキの爺さんというキャラを持っていてわかりやすい。裏では極悪非道でセコい事をしているが、外面は豪快なジジイのイメージが強い。

だから、スマブラにもし鉄拳からキャラが来るなら、少なくとも三島平八だろうと鉄拳プレイヤーのだいたいの奴らが考えていた。このおれもその一人だったと申し添えておこう。MIIアイコンの着替えで三島平八が来た時、「やはり鉄拳のキャラをやるのはこうやって遠回りして可愛い感じでやるのが限界だろうな」と思ったものだ。だが、今回じっさいにプレイヤブル・キャラとして選ばれたのは・・・・平八ではなく、カズヤだったのだ。

なお、カズヤには認知してない息子の仁(ジン)というやつがいて、ハンサムな光と闇を併せ持つシリアスっぽい正統派主人公キャラだが、こいつも選ばれなかった。鉄拳といえばやはりカズヤだからだ。カズヤは外面も悪いし内面も悪い。1%の愛嬌もない悪人だ。そしてスマブラはKAZUYAを選んだ。そこにスマブラの本物の凄みをおれは感じ、ふるえた。スマブラはついに、崖からおとしてころすPROを投入したのだと。


空手が強い

カズヤの格闘スタイルは親父から受け継いだ三島流喧嘩空手だ。その動きはフルコンタクト空手みたいな感じであり、踵落としや連続パンチなどを繰り出し、腹を殴ったりする。これはかなり強い。おまえはj本気のかかと落としとか腹パンチがどのくらい痛いか、想像がつくだろうか? おれは銃弾と暴力がとびかう危険なMEXICOで暮らしていたので、フルコンタクト空手を使う奴がどのくらい危険かも知っている。そのおれがこう言っているのだから、カズヤがかなり強くて危険なことが完全に照明されていると言えるだろう。

特に特徴的なのは「風神ステップ」と呼ばれるしゃがみダッシュだ。これも本当のフルコンタクト空手のようにかなり危険だ。このしゃがみダッシュを連続で繰り返すことで、驚くべき速度と判定の小ささを維持しながら一瞬にして相手の懐に飛び込む。そして風神拳という凄まじく速いアッパーカットで相手を空中に跳ね飛ばし、空中COMBOで体力ゲージを7割ぐらい減らしてトドメを刺す・・・そうゆう男だ。

「エッ?格ゲーの主人公なのに波動とか炎とか出さないの?」「飛び道具を持たないの!?」とおまえは驚くかもしれない。おまえはフルコンタクト空手の試合で飛び道具とか使う奴がいたら腰抜けだと思わないだろうか? カズヤは真の男であり、そうゆう飛び道具とかいっさい持たない。自分の拳だけで敵をたたきのめすのだ。

つまりカズヤは^鉄拳」というゲーム・タイトルに恥じない、拳をつかった必殺技を看板に25年間ずっと戦い続けてきた男だ。いいかよく聞け。「カズヤ? 誰それ?」「ニーアーを出せよ」とかテンション落ちていたキッズ達が赤ん坊としてこの世に生まれ落ちるよりも昔から、カズヤは風神拳で敵を浮かせ、空中コンボしてきたのだ。登場ムービーで使われた技はどれも鉄拳で実際に出てくる技ばかりで、十連コンボまで今回実装されるようだ。十連コンボは本家の鉄拳においては今どき誰も使わないので正直懐かしさすら感じているが、スマブラのシステム上でどうワークするかは未知数で興味があるとゆっておこう。


画像6

デビル化する

カズヤはデビル因子を持っているのでデビルになることができる。デビル因子が何なのかとか、そんな事をいちいちこだわるな。とにかくカズヤはデビルになると肌が青くなって翼や角が尻尾が生え・・・・重い宿命をせおう・・・・・。そしてその重い宿命ゆえに、額からビームを出し、かなり離れた敵を撃つことができる。しかもダメージが大きい。

「エッ?3Dの格ゲーの主人公なのに波動とか炎とか出すの?」「飛び道具で攻撃するワケ!?」とおまえは驚くかもしれない。昔は3D格ゲーというのは飛び道具をうたずに至近距離でガチの殴りあいをするものであってリアルさが大事だと思われていたので、翼で空を飛んでビームを撃つカズヤは衝撃を持って受け止められたものだ。だがカズヤは真の男であり、そうゆう「飛び道具はダメ」「空を飛んだらダメ」「変身したらダメ」みたいな頭の固いルールには縛られない。カズヤは昔からそうゆう固定観念に対して喧嘩を売ってきた存在であるとゆう事がこれではっきりわかっただろう。


カズヤで真の男になれ

ここまで読んだお前は、カズヤがどれほど危けんな存在かわかっただろう。すでにおまえの足元は小便でぬれているかもしれない。こういった理由から、おれは参戦発表を見たキッズの困惑と冷淡な反応を、いぽうてきに腰抜けと責める気にはなれなかった。風神ステップの練習もしたことがない腰抜けにいきなりカズヤは、すこし刺激が強すぎたのだ。

しかしおれのような真の男はNINTENDOの本気に敬意を支払うし、少なくともおれはカービイの腹を魔神拳で殴ったり、風神拳で空中に打ち上げてバキバキにコンボをぶちこんでみたいと考えた。なぜならおれは鉄拳が好きだし、カズヤが好きだからだ。じっさいスマブラの他のキャラと比較して明らかに技の数が多く全然空気を読んでいないのがすでにカズヤらしかった。スマブラは実際プロシーンが確立された真剣なE-SPORTSとしての顔も持っており、たくさんのプロプレイヤーが活躍している。スマブラのPROたちが鉄拳のカズヤをどう使うのか、おれは興味がある。おれはあまりスマブラSPをやっていないが、YAKUZAがリリースされた暁には、KIDSに真の世界の厳しさを教えて台パンや連コさせるために、一度やり込んでみようと思っている。そのくらい、今回のカズヤに対するKIDSの反応はおれの上田狼のような闘争本能に火をつけてしまったのだといえるだろう。

世界はもう隠してきた暴力性やMEXICOから目を背けてはいけない・・・・貧富の差や戦争、そして崖からおとしてころし合うことと真剣に向き合う・・・・そうゆう時期に来ている。おまえもカズヤを選択し、真の男となる時がきたのだ。

(逆噴射聡一郎)




画像5

逆噴射聡一郎先生のコラムをもっと読みたい方は、まずこちらのマガジンをどうぞ。「パルプ小説の書き方」のバックナンバーも入っています

🌵超ボリューミーでお得な2016-2021フルセットも出ました🌵

画像5

画像1

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
メキシコに対する独特な思いや考えを持つ社会派コラムニスト、逆噴射聡一郎先生の作品集。パルプ小説の荒野で生き抜くための信念とノウハウ、そして真の男のための映画紹介コラムなどを収録。本書を読んだとき、あなたの胸にはMEXICOの風が吹き、真の男本来のガッツが湧き上がる。このマガジンを読み、過酷なメキシコで生き抜こう。

「パルプ小説の書き方」などを「ダイハードテイルズ出版局活動月報マガジン」で連載している逆噴射聡一郎先生の、2020-21年分の記事を全てま…

メキシコに対する独特な思いや考えを持つ社会派コラムニスト、逆噴射聡一郎先生の作品集。パルプ小説の荒野で生き抜くための信念とノウハウ、そして真の男のためのゲーム紹介コラムなどを収録。本書を読んだとき、あなたの胸にはMEXICOの風が吹き、真の男本来のガッツが湧き上がる。このマガジンを読み、過酷なメキシコで生き抜こう。写真の人物は逆噴射聡一郎先生とは特に関係ありません。/ Photo special thanks : Alonso Reyes on Unsplash

逆噴射聡一郎先生のDAYS OF MEXICO既刊全て(2016-2021)をひとつにまとめ、検索性を高めたフルセットです。様々なコラム作…

このマガジンでは、ダイハードテイルズ作家陣(杉ライカ、本兌有、逆噴射聡一郎など)のコラムや日報、小説、備忘録、準備稿、プレビューなどが読めます。ダイハードテイルズのオンライン創作活動に対する定期ドネート窓口でもあります。

本兌有、杉ライカ、逆噴射聡一郎など、ダイハードテイルズ所属作家のコラムや小説が読めるマガジンです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
「ニンジャスレイヤー」(https://twitter.com/NJSLYR)などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。