見出し画像

【デイ・オブ・ザ・ロブスター 3】


2へ

【デイ・オブ・ザ・ロブスター3】

「ンアーッ!」「ムワハハハハハハ! ヤバイ級ハッカーもこうなってはカタ無しだな!」スパーン! スパーン! スパーン! 卓球台に拘束されたナンシーの臀部へと、赤い卓球ラケットによる情け容赦ないスパンキングが加えられる。

「ンアーッ!」気丈なナンシーの瞳からも光が失われ、マグロめいて虚ろになってゆく。常人はこの拷問下において一時間も持たず発狂すると言われる。危険な状況だ。「アジトの位置を吐くがいい!」ニンジャはナンシーの直結LANケーブルを彼女の頭髪めいて無造作に引っぱり、嘲笑った。「それともこのまま自我を破壊されたいか?」

「ンアーッ!」危うし、ナンシー・リー! 彼女が屈しかけた、その時!「Wasshoi!」CRAAAASH! ガラス窓を突き破って廃卓球工場へと突入する者あり! ニンジャスレイヤーである! たちまち四連続のスリケン投擲アンブッシュ!「イヤーッ!」「イヤーッ!」だがナンシーを拘束する非道ニンジャは、巨大なハサミを用いてそれを易々と薙ぎ払った! 

「ドーモ、ニンジャスレイヤーです」オジギ終了直後、赤黒の死神は己の目を疑う。そしてイナズマに撃たれたかの如き衝撃が、彼のニューロンを震撼せしめた。「まさか……オヌシは!」何たるデジャヴめいた光景か! そこに立っていたのは、かつて己の手で爆発四散させたはずのニンジャ、ロブスターに他ならない! 

 だが、有り得ぬ。ニンジャが復活を果たすなど! 敵はその驚きすらも嘲笑うように、アイサツを返した。「ドーモ、ニンジャスレイヤー=サン、ロブスターです。待っていたぞ、貴様が来るのを……!」

「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーが目にも止まらぬ速さでスリケンを投げた!「イヤーッ!」ロブスターはスリケンをハサミで弾き返し、突き進む! ニンジャスレイヤーの首を狙い、死のバイオハサミが迫る!

「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーはこれを弾き、沈み込んで回避! チョップで切断する!「イヤーッ!」「グワーッ!」ハサミを切断され、緑色のバイオ血飛沫! SPLAAAAAAASH!

「ハイクを詠むがいい、ロブスター=サン! イヤーッ!」「グワーッ!」続けざま、脳天への情け容赦ないカラテチョップ! 「グワーッ! おのれ……! またしても……! サヨナラ!」ロブスターは壮絶な爆発四散を遂げる!

「大丈夫か、ナンシー=サン」ニンジャスレイヤーはニンジャ膂力を振り絞り、彼女を卑劣な戒めから解き放った。「ありがとう、また私のせいで……」悔しげなナンシーの声を、ニンジャへの怒りに満ちた厳めしい声が遮った。

「それよりも、ロブスター……なぜ奴が復活を」「解らないのよ」ナンシーはかぶりを振った。「解らないの。何も……何も……」ナンシーが顔を上げると、ニンジャスレイヤーの姿はもうどこにもなかった。

画像1

「ンアーッ!」「ムワハハハハハハ! ヤバイ級ハッカーもこうなってはカタ無しだな!」スパーン! スパーン! スパーン! 卓球台に拘束されたナンシーの臀部へと、赤い卓球ラケットによる情け容赦ないスパンキングが加えられる。

「ンアーッ!」気丈なナンシーの瞳からも光が失われ、マグロめいて虚ろになってゆく。常人はこの拷問下において一時間も持たず発狂すると言われる。危険な状況だ。「アジトの位置を吐くがいい!」ニンジャはナンシーの直結LANケーブルを彼女の頭髪めいて無造作に引っぱり、嘲笑った。「それともこのまま自我を破壊されたいか?」

「ンアーッ!」危うし、ナンシー・リー! 彼女が屈しかけた、その時!「Wasshoi!」CRAAAASH! ガラス窓を突き破って廃卓球工場へと突入する者あり! ニンジャスレイヤーである! たちまち四連続のスリケン投擲アンブッシュ!「イヤーッ!」「イヤーッ!」だがナンシーを拘束する非道ニンジャは、巨大なハサミを用いてそれを易々と薙ぎ払った! 

「ドーモ、ニンジャスレイヤーです」オジギ終了直後、赤黒の死神は己の目を疑う。そしてイナズマに撃たれたかの如き衝撃が、彼のニューロンを震撼せしめた。「まさか……オヌシは!」何たるデジャヴめいた光景か! そこに立っていたのは、かつて己の手で爆発四散させたはずのニンジャ、ロブスターに他ならない! 

 だが、有り得ぬ。ニンジャが復活を果たすなど! 敵はその驚きすらも嘲笑うように、アイサツを返した。「ドーモ、ニンジャスレイヤー=サン、ロブスターです。待っていたぞ、貴様が来るのを……!」

「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーが目にも止まらぬ速さでスリケンを投げた!「イヤーッ!」ロブスターはスリケンをハサミで弾き返し、突き進む! ニンジャスレイヤーの首を狙い、死のバイオハサミが迫る!

「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーはこれを弾き、沈み込んで回避! チョップで切断する!「イヤーッ!」「グワーッ!」ハサミを切断され、緑色のバイオ血飛沫! SPLAAAAAAASH!

「ハイクを詠むがいい、ロブスター=サン! イヤーッ!」「グワーッ!」続けざま、脳天への情け容赦ないカラテチョップ!  「グワーッ! おのれ……! またしても……! サヨナラ!」ロブスターは壮絶な爆発四散を遂げる!

「大丈夫か、ナンシー=サン」ニンジャスレイヤーはニンジャ膂力を振り絞り、彼女を卑劣な戒めから解き放った。「ありがとう、また私のせいで……」悔しげなナンシーの声を、厳めしい声が遮った。

「ナンシー=サン、異常だ。これは二度目だぞ」「解っているわ」ナンシーの顔は蒼白していた。「何か恐ろしい事が起こっているに違いないわ」

画像2

「ンアーッ!」「ムワハハハハハハ! ヤバイ級ハッカーもこうなってはカタ無しだな!」スパーン! スパーン! スパーン! 卓球台に拘束されたナンシーの臀部へと、赤い卓球ラケットによる情け容赦ないスパンキングが加えられる。

「ンアーッ!」気丈なナンシーの瞳からも光が失われ、マグロめいて虚ろになってゆく。常人はこの拷問下において一時間も持たず発狂すると言われる。危険な状況だ。「アジトの位置を吐くがいい!」ニンジャはナンシーの直結LANケーブルを彼女の頭髪めいて無造作に引っぱり、嘲笑った。「それともこのまま自我を破壊されたいか?」

「ンアーッ!」危うし、ナンシー・リー! 彼女が屈しかけた、その時!「Wasshoi!」CRAAAASH! ガラス窓を突き破って廃卓球工場へと突入する者あり! ニンジャスレイヤーである! たちまち四連続のスリケン投擲アンブッシュ!「イヤーッ!」「イヤーッ!」だがナンシーを拘束する非道ニンジャは、巨大なハサミを用いてそれを易々と薙ぎ払った! 

「ドーモ、ニンジャスレイヤーです」オジギ終了直後、赤黒の死神は己の目を疑う。そしてイナズマに撃たれたかの如き衝撃が、彼のニューロンを震撼せしめた。「まさか……オヌシは!」何たるデジャヴめいた光景か! そこに立っていたのは、かつて己の手で爆発四散させたはずのニンジャ、ロブスターに他ならない! 

 だが、有り得ぬ。ニンジャが復活を果たすなど! 敵はその驚きすらも嘲笑うように、アイサツを返した。「ドーモ、ニンジャスレイヤー=サン、ロブスターです。待っていたぞ、貴様が来るのを……!」

「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーが目にも止まらぬ速さでスリケンを投げた!「イヤーッ!」ロブスターはスリケンをハサミで弾き返し、突き進む! ニンジャスレイヤーの首を狙い、死のバイオハサミが迫る!

「イヤーッ!」ニンジャスレイヤーはこれを弾き、沈み込んで回避! チョップで切断する!「イヤーッ!」「グワーッ!」ハサミを切断され、緑色のバイオ血飛沫! SPLAAAAAAASH!

「ハイクを詠むがいい、ロブスター=サン! イヤーッ!」「グワーッ!」続けざま、脳天への情け容赦ないカラテチョップ! 「グワーッ! 馬鹿な……! 次こそは……! サヨナラ!」ロブスターは壮絶な爆発四散を遂げる!

「大丈夫か、ナンシー=サン」ニンジャスレイヤーはニンジャ膂力を振り絞り、彼女を卑劣な戒めから解き放った。「ありがとう、また私のせいで……」悔しげなナンシーの声を、厳めしい声が遮った。「ナンシー=サン、これは三度目だぞ。ただごとではない」「解っているわ。まるで……」

 その時、何者かの手で廃工場のシャッターが押し上げられた!「そんな!」「ドーモ、ロブスターです」「ドーモ、ニンジャスレイヤーです。イヤーッ!」「グワーッ!」ロブスターは首をアルマーダ・マテーロで刈り飛ばされ爆発四散! 着地したニンジャスレイヤーは、直ちにナンシーを抱き上げた。決着を急いだ事で、その腕には深いハサミ傷が!「逃げるぞ、ナンシー=サン!」

 ニンジャスレイヤーの直感は実際アタリだった。その後も、倒せど倒せどロブスターが現れ、二人に襲いかかってきたのだ。さしものニンジャスレイヤーとて、そのカラテは無尽蔵ではない。徐々に疲弊するニンジャスレイヤー。一方で、ロブスターは徐々にそのカラテ精度を上げてゆく。まるで、これまでの敗北すべてがその血肉となっているかのように!

「ニンジャスレイヤー=サン、もう限界よ、もう……やめて! あなたの身体が……!」ナンシーは死のハサミによって徐々に切り刻まれてゆく死神の姿を見ながら、叫んだ。「もしや……何らかのジツにかけられてしまったか!?」ナムアミダブツ! 果たしていかなる恐るべきインシデントが起こっているのであろうか!?「最後の手段よ、アジトに逃げるしかないわ!」

画像3

 二人は迫り来るロブスターをかわしながら、秘密の地下ハッカー・ドージョーに逃げこんだ。ここは万が一のために用意していた最後のUNIX砦であり、完全密閉すればニンジャの攻撃にも耐えられる。二人は死闘の傷を癒した後、すみやかに反撃の準備に取りかかった。

 ナンシーはUNIXデッキの並ぶチャブの前に座し、ハッキングを開始する。ニンジャスレイヤーは冷蔵庫に保管されていたパックド・スシを食し終えると、過酷なカラテ・トレーニングを開始した。

 壁に吊るされた木人に繰り返しワン・インチ・パンチを叩き込み、ザゼンする。彼はそれを五回ワンセットで何度も、何度も、何度も繰り返した。ロブスターのあの恐るべき殺人ハサミをかいくぐり、内側に潜り込んで、必殺のカラテを叩き込む。「イヤーッ! イヤーッ! イヤーッ!」その確実なイメージを己のニューロンに刻み付けるために。

 時は放たれた矢の如く無情に過ぎ行き、保存食も尽きようとしていた。長い沈思黙考の果てにナンシーは言った。

「時間を遡るしかないわ」チャブの上には空のザゼンドリンクが4ダース近く置かれ、過酷なリサーチの跡を窺わせた。「タイムリープよ」「出来るのか、ナンシー=サン」フジキドは眉根を寄せ、額に汗を滲ませた。「彼らに出来たのなら、出来ないはずはないわ」ナンシーは直結し、全神経を没入させてゆく。

「このアジトにあるUNIXを全て並列し、同時にオーバークロックを行うわ」「オーバークロック……!」ニンジャスレイヤーの額に汗が滲む。ハッカーならぬ彼でも、その恐るべき言葉の響きに眉根を寄せ、目を細めざるを得ぬ。UNIXの処理限界を法定速度すらも超えてブーストさせる、危険極まりない重犯罪行為だ。

この続きをみるには

この続き: 3,346文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。 【TRPGプレイヤーの方へ】2019年12月からTRPGサプリのソウルワイヤード・マガジンが独立しました。PLUSでも基本ルールブックと最低限のプラグインにアクセスできます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
61
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。

こちらでもピックアップされています

ニンジャスレイヤープラス
ニンジャスレイヤープラス
  • ¥490 / 月

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります!