見出し画像

ニンジャゾーンなど(杉ライカ)

最近観た展示系や舞台ものをまとめて。

チームラボ・ボーダレス

もうだいぶ前からやってるので行った人も多いと思いますが、お台場のエプソン・チームラボ・ボーダレスに子供を連れて行ってきました。一個一個のステイタメントとかはけっこう緩く、いわゆるコンテンポラリーアートというよりはショウ寄りの側面が強い感じですが、特に音響面や探索系のワクワクする感じなど、デカい箱ならではの空間的な面白さがあり、とても楽しめました(かなり昔、森ビルかどこかの小さな部屋の展示で見たときは割と「ふーん」という感じだったのですが、このクオリティ、このスケールで来ると圧倒されます)。言語が一切いらないのも強い。体験エリアも多く、子供はたぶん無限に遊んでいられます。なんて幸せなテックの未来・・・・!という感じで好きですね。外国人旅行客が半分くらいを占めていました。これはデカければデカいほど面白いタイプのやつですね。ちょうど今中国の北京でもやっているようなので、機会があれば行ってみようと思います(今月中ごろに北京周辺の取材旅行を予定しています)。


NINJA ZONE

昨日は京急線が爆発して大変なことになっていましたが、「NINJA ZONE」という忍者アクション系舞台の2日目マチネ公演を観に品川の方まで行ってきました。演出含め、舞台と大人向け平成特撮ヒーローショーが合わさったようなテイストで、テンポもよく面白かったです。回し蹴りがちゃんとカラテしているアクションは、やっぱり見ていて気持ちがいい。自分は舞台はブロードウェイかG-ROSSOかコンテンポラリーダンス系しか観てきてないという偏った感じですが、「NINJA ZONE」は特撮主体にいろいろなミクスチャーという感じが新鮮でとても楽しめました。元気になれる舞台です。総監督は仮面ライダーフォーゼやキョウリュウジャーの坂本浩一監督です(最近は「BLACK FOX」という忍者映画を撮っていましたね)。というわけで全体的には平成特撮寄りのパワフルでポジティブなテイストだと思いますので、その辺好きな方は是非どうぞ。個人的にはアオイ役とハンゾウ役の人が良かったです。アクションが激しいので(全く息切れしないので驚きます)、館内はかなり温度低めに設定されており、これから行く人は羽織りものがあったほうがいいかもですね。


MAD DOG JONES

次に観に行きたい展示は、渋谷のDIESELアートギャラリーで今やっているマッド・ドッグ・ジョーンズの初来日個展です。超現在進行形のサイバーパンク系アーティストで、ここ一、二年、インスタとかPinterestとかでサイバーパンク系のアートを探しているとよく見かけたすごいカッコイイ絵柄だったのですが、プロフィールまで調べておらず、先日DIESELアートギャラリーの告知で偶然見つけて「おお、この人だったの!!」という感じで驚きました。これは期間中に絶対に観に行きます。


他にもありますが、まだ観に行ける系をまとめてみました。

(杉ライカ)

この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンでは、ダイハードテイルズ作家陣(杉ライカ、本兌有、逆噴射聡一郎など)のコラムや日報、小説、備忘録、準備稿、プレビューなどが読めます。ダイハードテイルズのオンライン創作活動に対する定期ドネート窓口でもあります。

本兌有、杉ライカ、逆噴射聡一郎など、ダイハードテイルズ所属作家のコラムや小説が読めるマガジンです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
56

ダイハードテイルズ

「ニンジャスレイヤー」などを連載するオンライン・パルプノベルマガジンです。

ダイハードテイルズ・マガジン

本兌有、杉ライカ、逆噴射聡一郎など、ダイハードテイルズ所属作家のコラムや小説が読めるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。