見出し画像

逆噴射小説ワークショップ第3回

◇パルプ小説講座マガジンへ  <<< ワークショップ第2回へ

よくきたな。おれは逆噴射聡一郎だ。おれはメキシコの麻やく組織に追われる真の男であり、余計な前置きは無しだ。おまえの小説を見せてみろ。

逆噴射聡一郎先生プロフィール:社会派コラムニスト。昔からダイハードテイルズ・マガジンに時々寄稿してくださいます。当マガジン上にて「パルプ小説の書き方講座」を連載していただいています。



🌵第6のガンスリンガー「オーブンの炎石」🌵

この続きをみるには

この続き: 15,328文字 / 画像1枚

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!