見出し画像

第2回ニンジャソン結果発表

毎年5月の連休! それはニンジャアトモスフィアが高まるGOURANGA WEEKとして知られています。我々は第2回ニンジャソンとして「AoMウキヨエコン」を開催しました! GOURANGA中にも関わらずたくさんの独創的なエントリーで賑わい、審査員一同とても楽しませていただきました。

今回は言語の壁がないウキヨエということもあり、ボンド=サンやモーゼズ=サンだけでなく、次元旅行者ニンジャであるザ・ヴァーティゴ=サン等にもしんさに加わって頂き、最終的に6作品がニンジャソンマスター賞となりました! それでは早速結果発表を行いたいと思います。

◆今回のニンジャソンマスター賞◆

マカドさんの作品:

いわばピザタキ部門ということで、AoMのメインキャラクターであるニンジャスレイヤー(マスラダ)、タキ、コトブキの3人がひとつに収まったフレッシュ弾ける作品です。受賞おめでとうございます!

Alhaさんの作品:

AoMプレビューエピソードである【スネイク・オナ・マナ・イタ】の冒頭部をコミック化した作品です。ジェイドマムシ=サンは、第4部における記念すべき初爆発四散ニンジャとなりました。審査員のモーゼズ=サンいわく「脂汗をダラダラ流しているのが好き」だそうです。

オーさんの作品:

自我を獲得したオイランドロイド「ウキヨ」たちを重点したエピソード【ダメージド・グッズ】より、ゲストキャラの「キュナカ」を描いたウキヨエです。ボンド=サンが、古き良きサイバーパンクを感じるビビッドさをピックアップしました。「非常に好きなスタイルだ。パネルに出力されたものを見たいくらいだ」とのこと。

かくしあじさんの作品:

AoMメインキャラの1人、オイランドロイの「コトブキ」を描いた、アナログのあたたかみ溢れる作品です。【サンズ・オブ・ケオス】で初登場した彼女の生い立ちが、カンフービデオなどとともにポエットに描かれています。

ぎだ/gida0730さんの作品:

ピザタキの三人組に、ローグニンジャ・クランのソウル憑依者「コルヴェット」を加えた躍動感あふれるウキヨエ。コントラストの強いアメコミ風の元気な絵柄に加え、マスラダの足元などオリジナリティ溢れるデザインも注目です。

イエローオスシさんの作品:

【カロウシ・ノー・リモース】より、満員電車という緊迫感のあるシチュエーションでのイクサを丁寧に描いた作品です。審査員のザ・ヴァーティゴ=サンいわく「完全にニンジャを殺す目をしている」とのことです。ニンジャに言われると説得力がありますね!


この他にもたくさんのエントリーが

こちらのマガジンに、ここで紹介できなかったたくさんのエントリー作品がアーカイブされています。ぜひチェックしてみてください。イラストレーション以外にも様々なアイディアにあふれ、GOURANGAが強まった一週間となり、原作者のお二人も大いに喜んでおりました。今回は初めてとなる第4部テーマのウキヨエ特集でしたが、様々なイマジナリーのフロンティア精神に満ち溢れた作品ばかりでした。たくさんのエントリー、ありがとうございます!

今後も #dhtpost はニンジャスレイヤーを含めたダイハードテイルズ作品全てのファンアート・DIY作品用タグとして機能し、常時、公開マガジンに集めてひろく閲覧できるかたちにしていきますので、どんどん投稿していただけるとうれしいです。

次回の #ニンジャソン は、2017年初夏�に開催予定ですが、ニンジャアトモスフィアの突発的な高まりなどを感知する場合もありますので、抜かりなく備えておいてください!

受賞者の皆さんへ:受賞者の方にはささやかな物理的サプライズがダイハードテイルズ社より進呈されます。後ほど、noteに登録しているメールボックスに「ユーザーからお問い合わせが来ています」というタイトルで、ダイハードテイルズからのメッセージが届くと思いますので、そちらをご参照ください。なお物理肉体が無い等の理由でプライズ送付を断る事も可能です(その場合はnoteアカウントへのメッセージへの返信で、お気軽にその旨お伝えください)。


ニンジャソンは、ダイハードテイルズとニンジャスレイヤー翻訳チームによる自主運営イベントであり、KADOKAWA社、ピースオブケイク社(Note)、Twitter社などの提供・協賛によるものではありません。また、このイベントのために各賞受賞者から申告を受ける個人情報は、発送のための連絡、および賞品発送のためにのみ利用されます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
14
「ニンジャスレイヤー」などを連載するオンライン・パルプノベルマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。