見出し画像

パルプ小説の書き方(実践編8):「三人称でやれ」

承前

よくきたな。おれは逆噴射聡一郎だ。おれは毎日すごい量のテキストを書いているが、だれにも読ませるつもりはない。だが今回おれは逆噴射小説大賞の応募作を読んでいく中で・・・・・・「小説の視点」についての理解があまり共有されていない可能性を考てたので今回のテーマにしようと思う。

おまえは小説の「視点」について理解しているか?

逆噴射聡一郎先生プロフィール:社会派コラムニスト。昔からダイハードテイルズ・マガジンに時々寄稿してくださいます。当マガジン上にて「パルプ小説の書き方講座」を連載していただいています。


視点とは何か

おまえは視点といって即座に「なるほどカメラワークの工夫は確かに大事だね」と早とちりする。そうゆうポエム的な話ではない。もっと「てにをは」の次ぐらいに大事な・・・・芯の部分の技術の話だ。小説の書き方において「視点」とゆう言葉を使った時、それが意味するところは常にひとつで、誤解の余地はない・・・。

おれは「パルプ小説の書き方」の最初の方で「一人称でやれ」といった。それがなぜかと言うと・・・・小説を書くことを始めたてのやつは多分この視点の処理が難しいだろうと思ったからだ。

この続きをみるには

この続き: 7,556文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
SNSが浸透した現代社会、そこはまるで無法のMEXICO・・・。隠し黄金と毒サソリがひしめくパルプ小説創作の荒野で生き抜くための信念とノウハウを収録。本書を読んだとき、あなたの胸にはMEXICOの風が吹き、真の男本来のガッツが湧き上がる。このマガジンを読んでパルプ小説を書き、過酷なメキシコで生き抜こう!

社会派コラムニスト「逆噴射聡一郎先生」がダイハードテイルズ・マガジン上で連載している「パルプ小説の書き方」やQ&Aをまとめたものです。先生…

このマガジンでは、ダイハードテイルズ作家陣(杉ライカ、本兌有、逆噴射聡一郎など)のコラムや日報、小説、備忘録、準備稿、プレビューなどが読めます。ダイハードテイルズのオンライン創作活動に対する定期ドネート窓口でもあります。

本兌有、杉ライカ、逆噴射聡一郎など、ダイハードテイルズ所属作家のコラムや小説が読めるマガジンです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
81
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。