見出し画像

【バトル・オブ・フォート・ダイナソー】 #1

 キャオキャオキャオキャオ……ワチャチャチャチャ……キャオキャオキャオキャオ……ワチャチャチャチャ……。

 アマゾン河流域のジャングルに、トロピカルな鳥の声が響く。かわいらしいコアリクイが子供を背中に乗せ、蟻塚を探しながら、午後の木漏れ日の中を歩く。だが……その平穏は突如として破られた。上空から降り注ぐ何本ものクナイ・ダート! そして地鳴りのごとき恐竜の唸り声によって!

「GRRRRRRRRRRRRR!」

「アイエエエエエ!? アイエーエエエエエエ!」危険領域に迷い込んでしまった不運な男の絶叫が、ジャングルに響く! 

 たちまち南国鳥もアリクイも震え上がって、空や茂みへと消え去った! だが人間はそうも行かぬ。この大自然の中で、人間はあまりにも無力だ。しかもこの男の周囲には、空から降り注いだ何本ものクナイ・ダートが突き立てられていたのだ!

「アイエエエエ!? クナイ!? 恐竜!?」男はパニックに陥り、まるで理解が追いつかない!

 ZGOOOM! ZGOOOM! ZGOOOM! 

 恐ろしい足音が近づいてきた。そして密林の樹木の枝々をまるでノーレンのように軽々と押し分け、へし折りながら……それは姿を現した!

「GRRRRRRRRRRR!」身長2メートル半はある赤茶色の巨体と、それを包むニンジャ装束! 巨大な顎を備えた頭部と鋭いカギ爪の生えた手足、そして尻尾は、完全に恐竜のそれである!「GRRRRRRRRRR!」その名はヘルレックス! 人間とニンジャと恐竜を混ぜ合わせたかのような獰猛な怪物、ダイナソーニンジャのひとりであった!

「アイエエエエエエエエエエエエ!?」男はヘルレックスを見てさらに大きな悲鳴をあげ、四つん這いになって密林の中に逃げこもうとした。だが、木の影から黒いサスマタが突き出され、背後から彼の首をとらえて這いつくばらせた!「アイエッ!?」

「バカな人間め、逃げられるとでも思ったか」また一人、水色の体のダイナソーニンジャが森の中から現れ、バイオバンブー製の黒いサスマタで男の首根っこを押さえたのだ。こちらも身長は3メートル近い。直立歩行する首長竜のごときニンジャであった。その名はロングモーン。「おまえはどうせエル・キケンの奴だろう。だから殺す」

「GRRRRRRRR……さすがだ、ロングモーン=サン。ダイナソー・ニンジャクランの軍師にふさわしい賢さだ」

 ヘルレックスがゆっくりと、唸るように笑った。会話できるのだ。男はそれを悟り、死に物狂いでこう訴えた。

「ま、待ってくれ! 私はエル・キケンではない! 宣教師だ! 食べないでくれ!」男は必死の形相で訴えた。

「宣教師だと?」ヘルレックスは首をかしげて唸った。「宣教師とは何だ、ロングモーン=サン?」

「わからない。やはり殺すしかない」ロングモーンは恐るべき水色の足を男の頭の上に持っていき、カイシャクしようとした。その体重は数トンある。男の頭は一瞬でトマトのように粉砕されるだろう。

「た、頼む! 殺さないでくれ! 宣教師とは、神の遣いのことだ! コカインとは関係ない! いいか! 君たちの噂は聞いていた! 君たちのような強いニンジャが、誰かのために働いているだなんて、まるでおかしな話だ! そうだろう!?」

 宣教師は必死でまくしたてた。

「私は、君たちのような強いニンジャに真の自由を与えるために来たんだ! 真の自由と解放を!!」

この続きをみるには

この続き:4,328文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などの読み物やゲームも豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内にある500を超える全ての記事がどれでも読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。またPLUSは、2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります。【TRPGプレイヤーの方へ】PLUSはサプリ&支援雑誌のような位置付けです。記事が一定数たまるとプラグインの買切版が出ます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
130

ダイハードテイルズ

「ニンジャスレイヤー」などを連載するオンライン・パルプノベルマガジンです。

ニンジャスレイヤープラス

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。