ニンジャスレイヤー公式/ダイハードテイルズ
【ギア・ウィッチクラフト】#2
見出し画像

【ギア・ウィッチクラフト】#2

ニンジャスレイヤー公式/ダイハードテイルズ
◇総合目次  ◇全セクション版 ◇「磁気嵐の晴れた世界で」
◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8

1 ←


 コルヴェットが慣れた手つきで火打石を打ち合わせると、すぐに火口(ほくち)は緑白色の火を灯した。鬱蒼としたこの森にあって、魔術仕込みの超自然の火は不気味だ。彼とフェイタルが座るこの樹洞も、見ようによっては魔女があけた大きな口じみている。「これで、ひとまずはよし」「ひとまず?」

「妖精の魔術よ」「ふうん。笑えるな」フェイタルは外の闇を見た。「レーザーサイトやらナノカーボンやらが互いに殺し合うEURO戦闘領域で、妖精と来たか」「その通り」コルヴェットは旅人帽のつばの陰からフェイタルを真顔で見る。「文明の強い光が強い影を作る。尚更危険が増しているともいえる」

「私の部隊をやったのはその手のナンセンスな怪異ではなく、面白くもない鉛弾だがな」フェイタルは左腕の裂傷の痕を確かめた。既に傷は塞がり、白く浮き上がっている。「そのとき作った傷か?」コルヴェットは尋ねる。「ああそうだ」「治りが早いのだな」「そう、お前の魔術の煎じ薬は要らない」

「なんでも魔術で解決できると思うなよ」「多少はできるのか?」「……」コルヴェットは火に草を足しながら、フェイタルのパーソナリティをはかろうとする。二人はこの森で先刻鉢合わせたばかりだ。戦う必要がない事は交した言葉でわかった。どちらも消耗しており、どちらもカタナ社ではなかった。

この続きをみるには

この続き: 4,389文字 / 画像1枚

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ニンジャスレイヤー公式/ダイハードテイルズ
ダイハードテイルズはニンジャスレイヤーなどを連載するオンライン・パルプノベルマガジンでありクリエイターユニットです。