見出し画像

ネオベイジン取材旅行2019ハイライト

というわけで、昨年の香港、九龍、澳門、深圳の取材旅行に続いて、今回は北京までニンジャを探しに行ってきました。イェイイェイ! 香港、九龍といえば、トラディショナルなアジアン電脳サイバーパンクの聖地として欠かせないスポットのひとつであり、実際その取材旅行で得られた成果は「スズメバチの黄色」にも活かされました。今回はアジアンサイバーパンクの流れを継続し、中国大陸を北上して北京です。

ダイハードテイルズ作品は、都市やそこに生きる人々の営みがテーマとなることが多いです。そしてその空気感や息遣いは、実際にストリートを歩いてみないとわからないことが多々あり、過酷な執筆スケジュールの合間を縫って、可能な限りいろいろな場所へ取材旅行に行って、歩き回っています。LAやニューヨークや香港に続き、今回も北京で様々なインスピレーションを得られました。日頃からのみなさんのドネートと書籍購入に感謝です。今回の杉の記事では、取材旅行の一部をハイライト的にご紹介します。


画像2

万里の長城(死馬台)

もちろん、万里の長城にも行ってきました。最もメジャーなのは「八達嶺長城」と呼ばれるエリアのようですが、観光客だらけめちゃくちゃ混雑しているようなので(中央線くらい混んでる写真を見てビビったので)、そこから北に120kmほど行った「司馬台長城」エリアに向かいます。馬が落ちて死ぬくらい急なので、昔は「死馬台」と書いたそうな。落ちて死なないようにがんばろう。

ちなみに、万里の長城というのは一筆書きされた一本の超長いやつが存在するではなく、長城的なものが秦代以前から既に中国全土にいくつもあって、各国ごとにバラバラに作られていて、それをつないだり修復したりしニンジャに破壊されたり秦が滅びたり色々しているうちに世界遺産になったのだそうです。

この続きをみるには

この続き:6,981文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などの読み物やゲームも豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内にある500を超える全ての記事がどれでも読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。またPLUSは、2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります。【TRPGプレイヤーの方へ】PLUSはサプリ&支援雑誌のような位置付けです。記事が一定数たまるとプラグインの買切版が出ます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。

このマガジンでは、ダイハードテイルズ作家陣(杉ライカ、本兌有、逆噴射聡一郎など)のコラムや日報、小説、備忘録、準備稿、プレビューなどが読めます。ダイハードテイルズのオンライン創作活動に対する定期ドネート窓口でもあります。

本兌有、杉ライカ、逆噴射聡一郎など、ダイハードテイルズ所属作家のコラムや小説が読めるマガジンです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
122
「ニンジャスレイヤー」などを連載するオンライン・パルプノベルマガジンです。

コメント21件

中国の都市部ではワンチャンネコチャンがたくさんいるのは共通なんですね
ニンジャスレイヤーもコア部分は「ニンジャが出てきてニンジャが殺す」なのがどのエピからでも入りやすい要因の一つなんですかね
やっと読んだのですけど、読み物としても非常におもしろかったです。カンフーショー、めちゃくちゃ見てみたいです
Discord上での抽選(ダイス振り)の結果、コメントno1の「あのときのとき」さんとno8の「hosoka」さんに決定しました。おめでとうございます! 当選者の方はこちらから連絡をください👉https://note.mu/diehardtales/message

他にもいくつかコメントで質問いただいたいので、DHT-MAGの日報で書いていきたいと思います。コメントありがとうございました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。