見出し画像

【レリックブレイカ:ハードタイム】後編

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ
◇前編 ◇中編 ◇後編

中編 ←


「何で、アンタが、ここに」

「テメェで考えろ」

 ルイナーはヤコを見下ろした。彼は手に持ったスシ・パックをヤコに投げた。

「食え。事務所にあったのを頂いた。ブラッドドッグの奴がここに戻ってくるのをチンタラ待っている時間はない。こっちから動く。……今すぐ食って、立て。俺は我慢の限界だ。これ以上ヘタを打つな。俺はお前を運んでやる気はない」

「わ……わ……わかったけど……」

 ヤコはおとなしく従った。真空パックされたイカとマグロのスシを食べると、滋味とともに力が湧いてきた。

「なあ、ここ、どこなんだ」

「お前のほうが詳しいんじゃないのか」

 ルイナーについて監禁部屋を出ると、そこは殺風景なヤクザオフィスだった。机がひっくり返り、損壊UNIXが火花を噴き、ヤクザ達が倒れていた。その半数は無残な死に方をしていた。身体をえぐられたような死体だった。生きている奴らもまともな状態で悶絶できている奴は少なかった。

 神棚には「赤い血の犬」と書かれたショドーが額縁に入っている。ヤコは恐れた。

「そうだ……じゃあ、ここはブラッドズー・クランッてこと……? ……あ……アンタが、こいつら全員やったのか」

「他に誰が?」

「どうして俺の事助けてくれたんだよ」

「知りたいのか」

「そりゃそうだよ……俺がブラッドズー・クランに捕まった事を、アンタがどうやって知ったのかもわかんねえし……俺だってわかんなかったのに」

「誰が、どうして、どこで、何、何、何」

 ルイナーは大股に部屋を横切り、戸口から外へ出る。鉄扉は根本から吹き飛ばされて、付近の床に転がっていた。彼らは非常階段を降りてゆく。階段に沿ってオレンジ色のランタンがぶら下げられている。外は夜。ヨハネスブルグの夜明かりが美しかった。

この続きをみるには

この続き: 10,554文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。 【TRPGプレイヤーの方へ】2019年12月からTRPGサプリのソウルワイヤード・マガジンが独立しました。PLUSでも基本ルールブックと最低限のプラグインにアクセスできます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUS...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
124
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。