見出し画像

【ニード・フォー・アナザー・クルセイド】


「知らん顔だな。中身はただのヤクザか、つまらん……」

 ニンジャは血を吐き捨ててから、心底残念そうに舌打ちすると、血と汚物まみれのテング・オメーンを男の顔に戻した。そして右腕を振り上げ、オメーンの長い鼻を、情け容赦ないカラテ・チョップの一撃で切断した。カラン、カランと空虚な音を立て、切断された鼻が足元に転がる。既に死んだのか、男は項垂れたまま動かない。

 それでもまだこのニンジャ、ディサイプルの怒りは収まらなかった。むしろ、この男がただのヤクザであったという事実により、堪えがたい怒りが腹の底から沸々と湧き上がってくるのだった。

「ただのヤクザが……ヤクザごときが、調子に乗りおって……! イヤーッ!」

 ニンジャの拳が、椅子に縛り付けられた男の鳩尾へと叩き込まれた。

「ウッ……」

 テング・オメーンの男は項垂れたまま小さく痙攣し、低いうめき声を喉の奥から漏らした。未だ生きている。ぼたり、ぼたりと、オメーンの顎から血と汚物の滴が垂れ落ち、彼のヤクザスーツと、磨き上げられたヤクザシューズを汚した。

 いまだ生きている。だが彼は身動きできない。殴られるがままだ。その逞しい両脚は椅子に、雄々しい両腕と胴体は椅子ごと後方の柱に、それぞれ金属製ワイヤーと鎖で拘束されている。インガオホー。これがニンジャに挑みアンブッシュ殺に失敗したニンジャハンターの、哀れな末路なのか。

「……ヤクザ天狗=サン……」

 倉庫の隅、薄汚い血だまりの中に這いつくばった瀕死のレッサーヤクザが、祈るように彼の名を呼んだ。

 ヤクザ天狗。孤高のニンジャハンター。これまでに数名のニンジャを狩り殺し、生き延びた男。

 だがいまや、彼はニンジャの殺人カラテ・コンビネーションによって打ち据えられた。ニンジャハントの切り札である二挺の赤漆塗りオートマチック・ヤクザガン「アブソリューション」と「リデンプション」も、使い込まれたドス・ダガーも、そして背負い式ジェットパックも、全て剥ぎ取られ、倉庫の床に投げ捨てられていた。

 武器は無し。身動き不能。孤立無援。

「イヤーッ!」

 ニンジャが、さらなるカラテパンチを繰り出した。

「グワーッ……!」

 ヤクザ天狗のうめき声は、廃マグロ倉庫の壁で小さく反響し、虚無の中へと吸われていった。

「……ヤクザ天狗=サン……!」

 瀕死のレッサーヤクザは、まるで自分が痛めつけられているように歯を食いしばり、涙を流し、震え、目を閉じた。そして嗚咽した。体から、血が流れ出し続けていた。

 天井のタングステン灯が、バチバチと火花を散らす。

 広い倉庫内。床には大の字に倒れたヤクザの死体が三つ。その横に「メデューサ」と書かれた穴だらけのノボリ。白目を剥いたオイランの死体が二つ。血の海に空薬莢多数。ケンの体から流れ出した血も、それら全てと重なって、床一面に混ざり合い、どこからどこまでが誰の血なのか、もう解らない。血が流れすぎた。

 少し離れた場所には、大金の入った血まみれのボストンバッグがひとつ。ケンはそこに這い寄ろうとしていた。ディサイプルは、ケンの動きには目もくれない。ケンは既に、スリケンと銃弾を受けて致命的な出血。仮にボストンバッグを手にしたとて、どこへも逃げられはしない。何の意味も無い足掻き。それでもヤクザはカネに引き寄せられる。ネオンサインの光に引き寄せられる蛾のように。

「泣き喚くがいい、ヤクザ天狗=サン!」

 ディサイプルの怒りと嗜虐心は、ただ、目の前のヤクザ天狗にのみ注がれていた。殺そうと思えば、今すぐにでもカラテチョップで首を飛ばせる。だが、しなかった。この男を生きたまま組織に差し出せば、ボスからかなりのインセンティブ報酬を得られるからだ。加えて、ニンジャである自分を傷つけ、あまつさえ恐怖の感情さえも思い出させたこの男を、そう簡単に殺すわけにはいかなかった。

「ブザマに命乞いしろ! イヤーッ!」

 みたび、ニンジャの拳がヤクザ天狗に叩き込まれた。それは獲物を痛めつけ、恐怖を刻みつけるための、残忍なカラテであった。

「ゴボーッ……」

 ヤクザ天狗はオメーンの奥で嘔吐した。それでも、彼の口から悲鳴や命乞いの言葉が漏れ出すことは、決して無かった。

「……せ……聖戦は、止められぬ……」

 ヤクザ天狗はニンジャの力を持たない。彼はチャントで己の魂を守る。彼は魂を鋼鉄のように硬くする。為すべきことを為すために。悲鳴の代わりにヤクザ天狗が漏らすのは、謎めいたモージョーのみ。

「……ニンジャが山の上でカタナを高々と掲げると、そこに雷が落ちて……四方八方にほとばしり……まばゆい……稲妻と雹がエジプト全土を襲った。……カタナを掲げるニンジャの……笑い声が……響き渡った……」

「ハァーッ、ハァーッ、ハァーッ……狂人めが……!」

 ディサイプルは苦しげに顔をしかめ、がくりと片膝をついた。ディサイプル自身もまた、重傷を負っているのだ。先ほどのアンブッシュで重金属弾を何発も喰らい、右足はネズミに食い荒らされたチーズ状。ソウカイヤから支給されたZBRアドレナリン応急キットが、彼に一時間足らずの無痛状態と異常高揚をもたらしていた。

この続きをみるには

この続き: 11,666文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。 【TRPGプレイヤーの方へ】2019年12月からTRPGサプリのソウルワイヤード・マガジンが独立しました。PLUSでも基本ルールブックと最低限のプラグインにアクセスできます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🍣<キャバァーン!(電子音)
134
「ニンジャスレイヤー」などを連載する、オンライン・パルプノベルマガジンです。

こちらでもピックアップされています

ニンジャスレイヤープラス
ニンジャスレイヤープラス
  • ¥490 / 月

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題! PLUSは2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります!