見出し画像

「スズメバチの黄色」発売直前原作者ロングインタビュー(前半)と「ニンジャは誰だ?」クイズ

→ インタビュー後編はこちら


原作者の1人「フィリップ・N・モーゼズ」より:

前のインタビューでは、どこまで話したっけ? そう、僕らは「ラオモト・チバ」を主役とした小説について、まるまる1冊書き下ろしのオファーを日本のKADOKAWA社から受けた。これはとても光栄なことだ。僕らにとっても新たなチャレンジだったから、ブラッドだけでなく、ダイハードテイルズのスギやホンダの助けも得て、全力でこれに挑んだよ。出来上がった作品は……とてもいい。最高だ。最高に気に入ってる。君にも楽しんでもらえれば幸いだ。


どんな小説? 戦闘は? 

……もちろんある。僕はアクションが大好きだからね。危険なサイバネや武器もたくさん出てくる。時は2039年。混沌の時代だ。磁気嵐は晴れ、日本国家は崩壊し、多数の暗黒メガコーポがネオサイタマに新たな境界線を引こうとしている。ストリートの反抗的な若者たちは、まるでタトゥーでも入れるように気軽に、体に戦闘用サイバネを埋め込んでいる。一部の暗黒メガコーポは、既に「エメツ」を使った新たな兵器を試作し、徐々に実戦配備を始めている(これを読んでいる人なら、エメツのことはもう知ってるよね?)。まさに混沌の時代の幕開けと呼ぶに相応しい。恐ろしい危険や無法がそこかしこで蔓延ると同時に、途方も無いチャンスがあまりにも無造作に転がっている。そんな無茶苦茶な時代に生きるティーンネイジャーたちの葛藤や、暴走や、友情が、この作品で描きたかったテーマの一つだ。そして繰り返すが、血みどろの戦いがたくさんある(僕はそういうのが好きなんだ。君は?)。

前提知識は必要なし!

「スズメバチの黄色」を読むにあたって、最低限知っておいたほうがいいニンジャスレイヤーのエピソードはあるだろうか? 無い。全く、まっさらの状態で読んでも楽しめるように書いてある。ニンジャスレイヤーはおろか、サイバーパンク作品をいままで全く読んだことがない人でも大丈夫だ。……ただ、これは完全に証明することができない。なぜなら、この記事を読んでいる人も含めて、僕らはみんな「読んだことがある」側の人間だからだ(記憶を消せる装置ができるといいんだけどね)。だから実際のところ、僕らは「何の前提知識もなくこの作品を読んだ人が、どんな感想を持つか?」ということに対して、とても強い興味と関心を持っている。

ここからニンジャスレイヤーの世界にダイブしてくれれば最高だけれど、それ以前にまず、この世界についてどんな印象を持つのか? この物語の描くものに対して、どんな感想を持つのか? 改めてそれらを知ることができる機会を得たのが、本当に楽しみなんだ。もし君に「ニンジャスレイヤー」を全く知らない友達がいるなら(僕にはいない)、なんの前置きも無しにこの「スズメバチの黄色」を手渡してみてくれ。そして、どんな反応だったか、こっそり僕らに教えてほしい! =) そしてもちろん、「ニンジャスレイヤー」のことはなんとなく知っているけど、これまでに発表された膨大なエピソードの規模感に尻込みしている人がもし身の回りにいたら……例えば「どこから読んだらいいのかわからない!」という人にも、今回の「スズメバチの黄色」はうってつけだと思うから、ぜひ教えてあげてほしい!

それと「これは男性向けなの? 女性向けなの?」という質問がいくつか日本のニンジャヘッズから寄せられていることのことだけど、僕らとしては特に何も意識していない。そもそもサイバーパンクなんだから、男性向けも女性向けもない。「ニンジャスレイヤー」がサイバーパンクとニンジャが好きな人に向けて書かれているように、「スズメバチの黄色」はサイバーパンクとヤクザ・アクションが好きな人に向けて書かれている。いつも通りね。それだけだよ。ニンジャスレイヤーがニンジャを殺しに来ない分、絶体絶命の苦境はさらに危険だ。内容についてはむしろ、いつものエピソードよりもハードな部分があるかもしれないよ!


トリロジーとAoMを繋ぐピースでもある

もちろんこれは「ニンジャスレイヤーを読んだことのある人は、これまでの作品知識を全く活かせなくて、肩透かしを食らう」という意味ではない。「スズメバチの黄色」はパラレル次元でもなんでもないし、ちゃんとした正史エピソード(なんて呼ぶのが相応しいかわからないけど)のひとつだ。前提知識なしでも全く読めて、それでいて、これまでニンジャスレイヤーを読んできてくれた読者の方々は、トリロジーからAoMへと向かう10年間のミッシングリンクの1ピースを埋める楽しみがあるし、この10年間には無限のワクワクするような楽しみが埋蔵されていることに気づくだろう。そういう作品を目指した。だから約束しよう。君がもし、モータルが奮闘するような「ニンジャスレイヤー」の典型的なエピソードが好きならば、「スズメバチの黄色」には君が好きな要素がギッシリ詰まっている。ただ、ニンジャスレイヤーは出ない、それだけだ。


2038-2039年のネオサイタマと企業戦争

この続きをみるには

この続き:3,428文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などを豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内の記事が読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。またPLUSは2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります。 【TRPGプレイヤーの方へ】2019年12月からTRPGサプリのソウルワイヤード・マガジンが独立しました。PLUSでも基本ルールブックと最低限のプラグインにアクセスできます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
113
「ニンジャスレイヤー」などを連載するオンライン・パルプノベルマガジンです。

コメント28件

「氷川」「蠱毒」「脳外科医」で!
「氷川」「蠱毒」「脳外科医」の3人と予想しました
「脳外科医」「氷川」「大熊猫」の3名!
🐙たくさんの応募ありがとうございました!結果発表は7月となります。お楽しみに!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。