見出し画像

【プラグ・ザ・デモンズ・ハート】#12(完結)

 ◇総合目次 
◇1 ◇2 ◇3 ◇4 ◇5 ◇6 ◇7 ◇8 ◇9 ◇10 ◇11 ◇12

11 ←


「ドーモ。クエスター・ナルです」

「ドーモ。シージバスターです」

 アイサツするニンジャの異形の姿は炎熱の陽炎に歪んでいた。照りつける太陽は凄まじい光の塊だった。ヒュージシュリケンは息を呑んだ。まるでその光景は、ニンジャとしての彼女の視界に、神話光景の一側面を切り取った絵画じみて映ったのだ。

 シージバスターはモータータケシをゼンメツ・アクション・タケシして鋼鉄の巨体にカラテを漲らせ……一方、クエスター・ナルは身体の紋様を青く明滅させながら、測るように、文明の産物を凝視していた。

「……AAAARGH……!」

 叫び声が空の上から降ってくる。リー先生は装甲バギーの窓から外へ身を乗り出し、降ってきたものをキャッチした。

「トリダ君ではないか! 諸々でかしたぞ! あとはクエスター・ナル=サンの戦闘能力に期待しようねェ……!」

 それはクエスター・ナルが高く投げ上げたブルーブラッドの生首であった。

「先生……ご無事で何よりです。ところで太陽光が」

「ジャッキー。彼を、そこにあるタオルで包んでくれないかねェ」

「頭がしゃべってる!」

「そういうものなのだよ」

 ジャッキーは驚きながらブルーブラッドの生首をタオルで包み、足元に投げた。彼女は窓に頭をつけ、超越者の黒い背中を心配そうに見た。

「ナル=サンは、アイツやっつけられるかな?」

「うむ、我々全員の生死が、その首尾如何にかかっているだろうねェ。実際のところ彼に関する詳細なデータは未取得だ。それゆえ軽々しい期待をかける事は出来ないのだが……」

「あのオムラのロボット野郎、めちゃめちゃ攻撃がスゴイよ!」

「その通り! 絶体絶命といって差し支えないが、作戦プロセス自体は当初の想定に沿っており、概ねうまく行っている。過程において過剰にストレスを感じる必要はないとは思うねェ。それは結局ニューロンの無駄であって……」

「ダメならダメっていう事ね?」

「ア、アイエエエ」コンノは頭を抱えた。「オ、オムラの最新兵器……こんな事になるだなんて……自分はただ、気楽にカンオケ・トレーラーを運転していただけで……」

「コンノ=サン、シャキッとしなよ!」ジャッキーが喝を入れた。「クヨクヨしててもしょうがないよ! 今まで頑張ってきたじゃない!」

この続きをみるには

この続き:10,080文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
加筆修正がなされた連載まとめ、人気キャラスピンオフ、設定資料などの読み物やゲームも豊富に収録。PLUS講読期間中は、このマガジン内にある500を超える全ての記事がどれでも読み放題状態となります。さらに毎月新たな記事が10本以上追加されていきます。またPLUSは、2010年から無料公開を続けているニンジャスレイヤーTwitter連載を応援するためのドネート窓口でもあります。【TRPGプレイヤーの方へ】PLUSはサプリ&支援雑誌のような位置付けです。記事が一定数たまるとプラグインの買切版が出ます。

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍣🍣🍣キャバァーン!
121

ダイハードテイルズ

「ニンジャスレイヤー」などを連載するオンライン・パルプノベルマガジンです。

ニンジャスレイヤープラス

サイバーパンクニンジャ小説「ニンジャスレイヤーAoM」の連載まとめ、書下ろしエピソード、コメンタリー、資料集などが読み放題。